京都奈良もスキだけど、海外旅行もスキ。
京都&奈良を中心に巡る神社仏閣。おいしいモノ。そして時々海外に現実逃避旅。
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
1/14 奈良 新薬師寺
2007年 01月 25日 (木) 23:33 | 編集
新薬師寺
薬師寺の新しい版??
ではなく。
新薬師寺の「新」は「あたらしい」ではなく霊験「あらたかな」お薬師様という意味だそうです。

んじゃあ、新しくない、新薬師寺。

これが。
こじんまりしているのに、拝観料600円。たかい・・・。
駐車場はお寺の前に7台分くらいあって、拝観客に限り1時間無料なのが救い。
ま、拝観1時間以内で終わるでしょ。



本堂に入ると、本尊 薬師如来座像とそのまわりをまあるく囲む、十二神将を横から観るカタチ。

ぐるーっと、まわって、薬師如来像の前に立ってみるお顔は、
丸くてえらくエキゾチック。
・・・あんまり好きじゃないかも。

十二神将のひとつのバサラ大将は500円切手にデザインされています。
500円切手ってそんなに見かけることがないので、
印象薄いですが・・・。
十二神将は干支の仏でもあるので、自分の干支の像を探してみたり。

本堂の端っこで、塑像の説明のビデオが流れていたので、
パイプイスに座って、観ているうちに、不謹慎にも、ぐーすか寝てしまいました。
妹に「真剣に見てるなーと思ったら、寝てるんかい!」と突っ込まれ、
他の人は、前のほうに座っている自分のツレに、
「寝てるんちゃうかー。」とか聞いてるし。それは私を見ての発言ですかい。
でも、寝るにはお堂の中は寒すぎました。。

こちらの見所は本堂の中ぐらいしかないので、
案の定、1時間もたたないうちに新薬師寺を後にしました。

次はオヤツの時間。
毎週、メインは神社仏閣巡りか食べ物巡りかどちらなのかよくわからないくらい食べているので、
神社仏閣巡りを始めてから、2キロ太ってしまいました。。
アカンとおもいつつ、おいしいモノはやめられない・・・


↓ポチっと応援お願いします♪

スポンサーサイト
12/31 奈良 東大寺 戒壇院
2007年 01月 24日 (水) 21:01 | 編集
おおみそかの仏閣行き納めは、東大寺です。

東大寺を分けて分けて、訪れています。たぶん、この戒壇院で、制覇しました。
・・・って、遅っ。




戒壇院では国宝の四天王立像が拝せます。
んがっ。
本当に、四天王像オンリー。
これで拝観料500円は高くない?ボソッ。

でもでも、四天王立像は法華堂の日光・月光菩薩像とともに、
奈良時代の塑像の最高傑作の1つですから・・・。
500円分モトを取るようにじっくり拝見しましょうかね~。

持国天、増長天、広目天、多聞天、ぐるぐる回って、下から横から、
舐めるように眺めていると。
お寺の方が、懐中電灯で照らしてくれて、細かなところを見せてくれました。
もともとは、とってもカラフルだったそうで、隙間なんかには赤や緑の色が残っています。

塑像って、粘土づくりで、
土の上に布を貼って、また土を重ねて、と、
強度を高めるために、何層にもなっているそうです。
以前、法華堂で聞いた説明によると。

四天王像を見ながら、
「ホヘー。手がすっごくキレイに残ってるねー。」
と言うと、
お寺の方に、
「そこは補修されてるんですな。」
と返されちゃいました。

なーんだ。そっか。


↓ポチっと応援お願いします♪


12/31 奈良 西大寺
2007年 01月 23日 (火) 23:31 | 編集
西大寺って、ただの地名だと思っていました、私。
そしたら、ちゃんと、お寺があったんですね。

東大寺と西大寺。
どちらも由緒ある、奈良時代からのお寺。
東大寺は「奈良の大仏」で有名ですが、西大寺はいまいち押しが弱い?

とりあえず、本堂に入ってみました。。。



本尊の釈迦如来立像はお堂の大きさの割りに小さめで、
左側の文殊菩薩騎獅像のほうに目を引かれました。

おおみそかなので、
それぞれの仏像の前には、鏡餅が供えられてて、
一足先にお正月気分~。
あと数時間後には、初詣でに、人がいっぱいくるのかな。とか思ったり。


↓ポチっと応援お願いします♪

1/1 桜井 長谷寺
2007年 01月 02日 (火) 23:30 | 編集
あけましておめでとうございます。

初詣といえば、神社・・・だと思っていたのですが。
神社仏閣巡りを始めてから、お寺もアリなんだとわかり、
奈良県桜井市の長谷寺へ初詣に行ってきました。

というのも。
長谷寺は、1/1~1/3の間は、拝観料500円 駐車場料金500円、共に無料なんです。
パチパチパチ。太っ腹。

じつは、長谷寺、初めて。
仁王門から、意外と「でか~」とびっくりしました。



おお~。これが、有名な登廊ですか。
大晦日から元旦にかけて灯かりがついていた燈籠が、足元にずらーっと並んでいます。



登廊に添って、こもがけされた牡丹が並んでいます。
ゆきんこみたいでかわいい♪(って石光寺でも同じコト言ってたような)



17時になると電気が付くというので、
17時前に行ったので、
帰りの登廊は、また違った雰囲気~。



燈籠の「長谷寺」の文字がかわいい。




長い登廊を上りきった先の、本堂のご本尊は、十一面観世音菩薩です。
10mもの高さの日本一大きな木造の仏像です。

拝したとたん、その大きさにびっくりしました。
素敵なお顔とその立派な立ち姿にお正月早々、
「ええもん見た~」


↓ポチっと応援お願いします♪


12/10 當麻 石光寺
2006年 12月 16日 (土) 21:51 | 編集
當麻寺→中将堂本舗と続き、
花の寺「石光寺(せっこうじ)」に行きました。

こちらの駐車場は無料です(笑)
當麻寺が空いていたので、よりマイナーなこちらはもっと空いているだろう・・・と思いきや。

第一駐車場は満車。
ちょっと離れたところにある第二駐車場に車を止め、
拝観料を払っていると。

・・・なんだか人がいっぱいいますが?

広いお庭に「こもがけ」された、寒ぼたんが11月末頃から1月上旬頃までの見頃なので、
三脚付き一眼レフカメラを持った、おじさんおばさんで溢れ返ってました・・・。
っていうか、カメラマン以外の拝観客はいない模様。

お庭の狭い通路は、三脚が邪魔で通れないし・・・。
そうか~、だから、他のお寺では「三脚持込禁止」のトコロがよくあるんだ、と納得。

コンパクトデジカメで撮っているのは、私と、もう1人のおじさんだけ。
そのおじさんは、一眼カメラおじさんに「そんなカメラで撮れる?」とか
「ちょっとどいてんかー」とか言われてました

・・・一眼レフがそんなに偉いんか!ボソッ。

と、石光寺に来てる人を敵に廻すのはこれぐらいにしておいて・・・。

こもがけされていても、まだ蕾だったり、キレイに咲いてなかったりですが、
見頃の期間が長いので、一株づつでみると、キレイなぼたんが結構ありました~。

↓雪ん子みたいで、かわいい♪



↓大量に花がついているものは豪華で、目を引かれます。



↓同じ寒ぼたんでも、色も花びらの付き方も違ってるんですね。
バラみたいでキレイ。



「雪が積もっていたら、めっちゃイイかんじやろな~」と思いますが、
寒くて、見に来ることはないかと・・・(> <)

↓もみじは散りつつありましたが、
見上げると、空とのコントラストにうっとり~。



石光寺は「花の寺」というだけあって、ぼたんにしゃくやく、梅が植わっています。
春にまた見たいと思うけど、
またこのカメラマンたちで溢れているのかと思うと、来る気が失せます・・・。



じつは。
父親が「キムタクのCMの一眼レフデジカメ」が欲しい。と言っているので。
あわよくば、それを借用して、神社仏閣めぐりをしようかと思っていたのですが、
このお寺来てから・・・やっぱり止めようかと考え中。


↓ポチっと応援お願いします♪



copyright (C) 京都奈良もスキだけど、海外旅行もスキ。 all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。