京都奈良もスキだけど、海外旅行もスキ。
京都&奈良を中心に巡る神社仏閣。おいしいモノ。そして時々海外に現実逃避旅。
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
5/12 三重 風にふかれて
2007年 05月 14日 (月) 22:59 | 編集
食べ放題ランチに行きたくって向かったのは、
三重県津市にある「風にふかれて 農場レストラン」

三重県伊賀市にある「伊賀の里モクモク手づくりファーム」の直営レストランで、今年の3月にオープンしたところ♪

モクモクおなじみのソーセージやハムはもちろん、
お野菜やお米にこだわったヘルシーな料理の和風ビュッフェです。

お店は奈良県香芝にあった古民家を移築したらしい。
でっかい古民家じゃ。



とても人気で、
以前妹が訪れた日曜日には1時間待ちだったそうで。

じゃあ、オープン11:00きっちりに着くように行こう!!
と、ストップウォッチで時間を計りながら出発(って計っても早く着くわけじゃないけどね・・・ )

急いだ割に、着いたのは11:20頃。
お店の外に人がワラワラいたので、
「あちゃー。間に合わなかった!」と、
外で待っている間に、外にある牛小屋にいるジャージー牛を見る。
レストランなのに、牛ちゃんの臭いが漂う不思議な空間。ははは。




店内広いので、徐々に案内していたようで、
すぐに席に案内された。よかったー。

いつもながら、ビュッフェはワクワク、とっても興奮する!
「これ全部食べるー!!」と意気込んで選んだのは・・・

①私の1つめのお皿。
自家製お豆腐。ハーブのソーセージ。豆腐のかき揚げ。茶碗蒸し。
お惣菜いろいろ。



②2つめのお皿。
その場で握ってもらったおにぎり。お惣菜いろいろ。



③妹の1つめのお皿。
基本的に好みが似ているので、おなじようなモノをチョイスしとるわー。
黒糖パン4枚も食べてた。



④デザート。
ケーキ1つ または 和菓子2つ を選べるので、イチゴのムースをチョイス。
あと、ハチミツ&ヨーグルトと白玉ぜんざいはビュッフェに並んでいるので、
自分で3つのデザートセットにした。



選べるデザートの和菓子。
柏餅と、よもぎ餅。餅がちと固かった・・・。



いっぱい食べたつもりだったんだけど、振り返るとそんなに食べてないじゃん、私。
自由に食い貯め出来る胃が欲しい。
おいしいモノをいっぱい食べて貯めておいて、その後2食くらい食べなくてもOK。みたいな。

お野菜がおいしくって、いろいろ食べられて、とっても幸せ~。
今度は、鈴鹿、松阪、四日市、名古屋 にもある他のお店に行ってみたいなー。


ランチ(11:00~15:00)
50歳以上1650円 大人1800円 小学生1000円 幼児500円
ディナー(17:30~22:00)
50歳以上2150円 大人2300円 小学生1300円 幼児500円

風にふかれて
三重県津市一身田上津部田3005-2
山の手テラス内 (総合文化センターそば)
11:00~22:00
定休日=第4水曜日
スポンサーサイト
1/7 三重 月讀宮
2007年 01月 16日 (火) 21:19 | 編集
内宮から2つぶんバスに乗って移動。
バスは駅に向かう人で大混雑で、中途半端なバス停で降りるのは大変。
バス停からテクテク歩いて、月讀宮(つきよみのみや)へ向かいます。

月讀宮は伊勢神宮の別宮で、
アマテラスオオミカミの弟神 月讀尊(ツキヨミノミコト)を祀っています。

ヒトケのない森の参道を歩いていく途中、またも突風。
この日は風が強くて、突風吹きまくりです。



参道はヒトケがなく、ひっそりとしていたのに、
お宮の前は意外と人がいっぱい。
(いっぱいと言っても、神宮に比べると全然少ないですけどね~)

右から順に、
(2)月讀荒御魂宮(つきよみのあらみたまのみや)   
(1)月讀宮(つきよみのみや) 
(3)伊佐奈岐宮(いざなぎのみや) 
(4)伊佐奈弥宮(いざなみのみや) 
と、密集して4つお宮が並んでいます。




(1)→(2)→(3)→(4)の順にお参りするのが正式らしいのですが、
御朱印を頂くときに、
「お好きな順番で結構ですよ」と言われました。
なーんだ。
一生懸命順番覚えてたよ、私。


これにてお伊勢詣で終了です。
ちゃっちゃと終了し、3時くらいに、近鉄五十鈴川駅から電車に乗って帰りました。
だって、すっごい寒かったんだもん。。


↓ポチっと応援お願いします♪


1/7 三重 おはらい町&おかげ横丁
2007年 01月 11日 (木) 20:33 | 編集
伊勢神宮に来たら、必ず立ち寄る、おはらい町&おかげ横丁!

おはらい町とは、内宮入り口の宇治橋から約800m続く鳥居前町。
昔風情な建物が立ち並び、みやげもの屋やごはん屋さんが並ぶ通りで、
その一角にはおかげ横丁があります。

これが、楽しいんです。この通り道。
歩き食い出来る食べ物屋がずらーっと並んでいるのでナニを食べるか計画的にいかないと、
お腹がはちきれてしまいます。

ちびっと久しぶりだったんだけど、
なんか以前よりもお店が増えてました~♪
特に、伊勢うどんと練り物のお店が増えていたような・・・。

練り物は、食べ歩きにバッチリ~。
「じゃがバター」を買って食べました。
ペロリと食べ終わり、気がつくと写真を撮るのを忘れていました・・・。

次は、赤福の「赤福ぜんざい」です。
でも、赤福って伊勢や鳥羽だけじゃなく、
松坂屋名古屋本店やJR名古屋タカシマヤ店にもあるからありがたみが薄い・・・
赤福餅に至っては、私の住む町にも売っています。ぐはっ。
・・・でも、好き。
伊勢で買う赤福は、「出来立て」ってかんじで、やわらかくっておいしいので、
家の近所では絶対に買わないけど、伊勢神宮に来ると、
必ず買って帰ってしまいます

さてさて、赤福ぜんざい(¥500)



焼きたてお餅。うひひ~。
こってり甘めなぜんざいは、お昼食べて間もないお腹いっぱいの私たちにはちとつらい。
お腹が空きぎみで、寒い中だったら、体が温まるし、バッチリな一品です。

次は、豚捨のコロッケ(¥80)



おかげ横丁にあるお店は、いつ行っても行列です。
でも、コロッケのお持ち帰りなので回転は速い。

他にも、
・みたらしだんご
・きゅうりの浅漬け棒
・釜焼きいも
・チーズ棒
と食べたいモノは尽きないけれど、今回はムリー。
また次回・・・。

次は、ツキヨミノミコトを祀っている神社へ向かいます。


↓ポチっと応援お願いします♪


1/7 三重 伊勢神宮(内宮)
2007年 01月 10日 (水) 20:06 | 編集
「お伊勢参り」のメインイベント~、伊勢神宮 内宮です。

来月 神戸の生田神社で挙式予定の、陣内智則が藤原紀香にプロポーズした地です。
(とかいいつつ、「プロポーズの場所は伊勢神宮です」と言っていただけなので、
内宮なのかどうかは不明・・・)

正式名称は 皇大神宮(こうたいじんぐう)
アマテラスオオカミを祀っている、日本の神社の頂点ですよー。

境内はだだっぴろくて、森の中の砂利道の参道を歩くだけでも
ひと仕事。
ご神気を感じようとしてみましたが、
外宮と同じく、風が強く、突風が吹きぬけ、葉っぱがバシバシ落ちてきます。

階段を登って、正宮にお参り。
初詣でとはちょっと時期が外れているのに、
長蛇の列・・・。
正面でお参りしようと思うと、列が動かずに長時間待たないといけないので、
正面を外して、横からそっとお賽銭を入れ、お参り。

正宮をぐるっとまわって、
裏手にある別宮の荒祭宮(あらまつりのみや)へ。
正宮から向かって下りの階段には、「天」という字に似た割れ方をしているので、
踏んではいけないという「踏まずの石」があります。
でも、帰ってからその場所を知ったので、気付かずに、踏んでいたカモ・・・?

結構な回数、内宮を訪れたことがあるにも関わらず、
荒祭宮に行くのは今回が初めてです。。。
荒祭宮は、アマテラスオオミカミのご神威溢れる「荒御魂(あらたま)」をお祀りしている、
力強いパワー溢れるお宮だそうです。



パワー。パワー。
スピリチュアルぅぅー。
んー。わたしにゃ、ムリです。分かりません。感じません。

帰り道。
まだまだ続々と参拝客がやってきます。



おそるべし、伊勢神宮。


↓ポチっと応援お願いします♪


1/7 三重 とうふや
2007年 01月 09日 (火) 23:43 | 編集
お昼ごはん♪お昼ごはん♪
と、喜んで目的のお店に向かいます。
おはらい町のはずれのほうで、五十鈴川沿いにある「とうふや
でも、まだ11時前・・・。

開店時間は11時のようなので。
お店の前で開店を待とうと思ったのですが、到着すると、
お正月の間だからか、10:00から開いていました。



やった~♪
と、店内に入ると、既に先客がいっぱい座っています。
はやっ。
どんだけ早いお昼ごはんをみなさん食べてるのー・・・。

こちらは、豆腐と穴子のお店。
豆腐も穴子も食べられる「とうふや弁当」を食べようと思ってたけど、
お正月なので料理の内容が違い、どちらも食べられるセットがなく、
穴子or豆腐
うーん・・・選択に迷います。

結果。
妹は、あなご重御膳(¥2,000)



うな重じゃなくて、あなご重。
なぜかなぜか、うなぎは食べられないけど、あなごは好きな妹なので、
喜んで食べておった。
あなご重は、「ひつまぶし風」ということだったので、
お出汁がついてくると思ったら、ついていません。
・・・穴子を細かく切ってるだけじゃん。

私は、湯豆腐御膳(¥1500)



「湯豆腐って白ごはんのおかずにならないんだけど・・・」とブツブツいいながら、
でも「とうふや」という店名だけに、
豆腐料理が食べたかったので。
湯豆腐は、一丁以上の大きさ。
豆腐の下に、生麩が隠れてました

お正月っぽく、なますと田作りと黒豆のお皿がついていました。

お店は広くて、外には五十鈴川が見えて、とってもいいかんじ。
私たちの座った席は、障子窓で、開けるとそのまま外なので、
寒くて開けられなかったので見えなかったけど・・・。

入り口に、金魚が泳ぐ鉢がありました。



お腹もいっぱいになり、次は内宮です。


とうふや
三重県伊勢市宇治浦田1-4-1
11:00~14:30 17:00~20:30 (土曜日・日曜日・祝日は11:00~20:30)
定休日=無休
※但し、毎月1日・毎週水曜日の夜はお休み


↓ポチっと応援お願いします♪


copyright (C) 京都奈良もスキだけど、海外旅行もスキ。 all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。