京都奈良もスキだけど、海外旅行もスキ。
京都&奈良を中心に巡る神社仏閣。おいしいモノ。そして時々海外に現実逃避旅。
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
10/29 奈良 東大寺①
2006年 10月 31日 (火) 23:08 | 編集
奈良町から、東大寺へ向かいます。
道のりは歩くと意外と遠いです。

↓池越しに、興福寺の五重塔をみたり、




↓車道のすぐそばに、めちゃめちゃ鹿がたむろしている場所があったり、




ようやく、東大寺 大仏殿の前です。
でも。
今日は、大仏殿とは違うところに行くつもり~♪




その前に。

鯉のえさ(長いお麩)が¥100で池のほとりで売っているので、
買って、ちぎって池の鯉に向けてほおっていると。
横から、一直線に、鹿がやってきて、
妹が手に持っていた麩をガガガーーッとイキナリいっきに食べつくされてしまいました。

↓「もっと寄こせー。くわーっ。」な鹿 




「ウワーッ!」

「もっとくれ~!」と迫ってくる鹿に
「もうないで!ほら。ほら。」と手を振って、
隣で麩に集まる鯉を見ていた家族連れと一緒になって逃げました。

ああ、怖かった。
だから、鹿にエサはやりたくないのだよ、わたしゃ。
(っていうか、鹿にやるつもりはなかったのに・・・)

あげるとしても、かわいらしく、
頭をペコリと下げて、「ちょーだい」のポーズをするバンビにあげたいのに。

それにしても、野生とはとうてい思えない、鹿たちです・・・。



↓ポチっと応援お願いします♪



スポンサーサイト
10/29 奈良 ならまち知路留
2006年 10月 30日 (月) 21:33 | 編集
さてさて。この日のランチは。
「ならまち知路留」です。

店名にもあるように奈良町に在ります。
人気のお店のようなので、
メールで確認したら、無事に予約できました。

よっしゃ~。
と。
次の日くらいの知路留さんのブログに、
「メールにてのご予約は受け付けておりません。」

・・・私のコトですね・・・(≧◇≦;)
すみません・・・。

とかいいつつ。無事予約出来てよかったです。ハイ。
ちなみに正倉院展の期間中だけ、メール予約が出来ないそうです。
正倉院展が終わればOKで~す

奈良国立博物館を出て、徒歩で奈良町に向かいました。
意外と時間が掛かるので、急ぎ足で、お店に着くと、
予約の12時を5分程過ぎていました。

↓青い暖簾をくぐって60歩細い道を歩きます。




↓お店にたどり着きました♪




すると、既に店内はお客さんいっぱい!
私たちが座ると、満席になりました。
座った後も、次から次へとお客さんが来ます。

ムフ。よかった~。予約しておいて。
小さい頃から、「ごはん何食べるの~?」と早い時間から気にして、
よく親に怒られたんだけど、
お昼ごはんに食いっぱぐれるのだけはイヤなので。




ちろるごはん(¥1,000)
①か②どちらか選択で、①を選びました。

①漬け込みトンカツ
②焼きサンマのレモン漬け
・れんこん餅
・切り干し大根の煮物
・揚げナス
・キャベツとカニカマのくたくた煮
・かぶらのお味噌汁
・十穀米ごはん
・お漬物

こじんまりした店内の雰囲気は、
友達の家に行って、お昼ごはんをよばれているよう♪
十穀米ごはんおいしかったです~。
さっさと自分の分をたいらげ、妹の分、半分取っちゃった(笑)
体にもよさそうだから、家でも食べたい~。

満足して、お店を出て、次は、東大寺へ向かいます。
うーん。
奈良町、お昼ごはんを食べに来ただけ・・・。
お店の場所選びを誤ってる



↓ポチっと応援お願いします♪




10/29 奈良 正倉院展
2006年 10月 29日 (日) 23:54 | 編集
今日は、奈良国立博物館で行われている
第五十八回正倉院展に行ってきました。
タダ券をもらったので・・・ (≧_≦ ;)




車をどこに止めるか考えた結果、
ならまちセンター駐車場がいいかな?と思い、
道を間違えて、遠回りして向かう途中、
興福寺の駐車場が開いていたので、
やった~!とばかりに駐車。

9時~17時の営業なのに、
8:45既にフライングで開いていたので、楽々停められました。
ナイスポジション♪

そのまま奈良国立博物館 東・西新館へ向かうと、
9時オープンを前にして、どえらい行列が・・・。

・・・すんごい人気です。

9時前から列は徐々に前に進み、
9:03には中に入れました♪

よかったー。

と。思ったのもつかの間。

博物館内は、激混み!! グハッ。

人。人。人。で、展示物を見るのが大変・・・。

即効へこたれそうになったけれど、
頑張って、後ろからぐいぐい前に進んだりしながら
国宝や重要文化財を垣間見ました。

「国家珍宝帳(こっかちんぽうちょう)」
「孔雀文刺繍幡(くじゃくもんししゅうのばん)」
など、
見てるうちに、なんだか楽しくなってきた~。

人ごみに負けそうになりながら、かなり一生懸命見たので、
疲れました・・・。

博物館1階でお庭を見ながら、お茶とお菓子(¥500)を頂いて休憩。フウ。




お菓子は、アンコの固まりでした。あま~。
お抹茶は苦味が控えめでした。




そのあと、本館で通常展をみました。

国宝の仏像がずらーっと勢ぞろいで見ごたえが。
やっぱり、仏像を眺めているほうが楽しい・・・。
正倉院展の入場券(¥1,000)で通常展も一緒に見られる割に、
空いてるので、見やすかったし。




午前中、奈良国立博物館を堪能し、
博物館疲れをしたような。
まだお昼前とは思えないほど、どっと疲れました・・・。

正倉院展のほうは、その後も、ずーっと行列でした。
読売新聞でリアルタイムに混雑状況が見られます。
土曜日28日に見てると、11時時点で90分待ち・・・。
ディズニーランドのアトラクションのような混みようです。



↓ポチっと応援お願いします♪




10/28 伊賀 まっちんの本わらび餅
2006年 10月 28日 (土) 20:05 | 編集
行ったことはないのですが。
奈良市高畑の「南果」で開催されるイベント「たかばたけ楽市」
に出店されているというお店が気になったので。

買いに行ってみました!

三重県伊賀市の「和菓子工房まっちん




道が分からなかったので、地図 で場所にあたりをつけて、出発!

道の狭い住宅街で、発見できずに、2回ぐるぐると同じ道を廻ってしまいました・・・。

ひとりで営業されているらしいので、
行く前に、大丈夫かどうか確認の電話をしてみると。
13時過ぎなのに、
「お店は開いてるんですけど、わらびもちが3個しか残っていないんです」
と言われ、ガーン(*゚ロ゚*)!!

いいもんいいもん。
「じゃあ、1個、おいといてください。」

と、お願いしてから、
お店に着くと。

「くるみ入りわらびまんじゅうもあります。」
やった~!

本わらび餅(¥500)
くるみ入りわらびまんじゅう(4個入り¥600) を購入。



うわ~い。楽しみ~。

わらび餅は、入れ物に
きな粉がびっちり詰まってます。
きな粉の中から、わらび餅発掘!ってかんじ。ステキ。



おいしい~! やらかい~!
甘さ抑えたきな粉がわらび餅の甘みを抑えてくれて、大人風味です。
それにしても、きな粉の色が濃いー。


くるみ入りわらびまんじゅうは。
くるみたっぷりで、くるみ好きには堪りませんっ。
だって、私は、くるみもあんこももちろんわらびもちもダイスキ~。




でも。
とろけるわらびもちに、胡桃が勝ってしまうので。
くるみなしの、「わらびまんじゅう」でも、充分おいしいだろうから、
次回は、「わらびまんじゅう」が食べたいわ~。



和菓子工房まっちん
三重県伊賀市上野車坂町 615-43
11:00~18:00
定休日=日・月・火(不定休)




↓ポチっと応援お願いします♪

10/22 天理 彩華ラーメン
2006年 10月 28日 (土) 18:40 | 編集
天理と言えば・・・。
「てんラ」こと 天理ラーメン「彩華(さいか)」なのです。

石上神宮の前をときどき通るのも、
「彩華」に行くからなのです。

というわけで、日曜日の夜なのに。
次の日仕事なのに。
明日にんにくの匂いをプンプンさせることになるだろうのに。

行っちゃいました。
「彩華天理店」に。

17時開店直後に訪れると、
1階の席は私たちでちょうど埋まりました。
みなさん、早い夕ごはんですねー。

サイカラーメン小(¥580)




小といっても、1玉。フツウサイズです。
大で2玉。
女の子の友達で、特大(3玉)を食べたツワモノがいます・・・。

濃いー味はやっぱりおいしい。
白菜いっぱい入っていて、野菜いっぱい食べられるし。

ハフー。満足ー。
ハッ。既にもう、息がクサイです。ニンニクです。

帰り道、コンビニで、
小林製薬ブレスケア 本体 ミント 50粒【20061027祭5】
ブレスケア購入・・・

でもやっぱり、次の日、不快感が・・・。
おいしいんだけど、翌日のこの不快感はつきまとうのです。
え?もしかして私だけ??

10月31日で天理店は閉店すると店内に張り紙が。
はぅ。閉まっちゃうの?
残念。



↓ポチっと応援お願いします♪



御朱印-石上神宮
2006年 10月 28日 (土) 18:39 | 編集
楼門を入った授与所で、御朱印を頂きました。

若めな男性だったので、ちょっと不安・・・

と思ったら、意外と、上手~。
・・・って失礼ですか?




御朱印とは、
その名の通り、朱色のハンコを頂くものです。
筆書きの部分は問題じゃないのです。

なのに、つい、どんな筆跡なのか、気になるんですよね~。えへ。

御朱印集めはじめてから、
書道を習おうかと思い始めた今日この頃・・・です。

って、私が御朱印を書くことはないんですけどね 



10/22 天理 石上神宮
2006年 10月 28日 (土) 18:30 | 編集
桜井市、橿原市、また桜井市、ときて。
次は、天理市で~す。グハッ。
なんか、転々と、移動しすぎ・・・。

目指すは、江原啓之さんの本

江原啓之神紀行(1) 江原啓之神紀行(1)

にて「スピリチュアルなパワーの強い、聖地と呼ぶにふさわしい神社」
として紹介されている「石上神宮(いそのかみじんぐう)」です。

ときどき、前の道を通るので、
立て看板をみてて場所は知っていたのですが。

おまけに、
石上神宮から大神神社へとつながる山辺の道に、
遠足で行ったことがあるので、多分そのときに石上神宮にも行ったことがあるハズ・・・。
ぜんぜん覚えていないケド。

でも、休憩しすぎたせいか、
既に16時過ぎ・・・。
駐車場はガラガラ。人もほどんどいない。

木に囲まれた神社って、夕暮れも早くて、ちょっと怖い・・・。

↓あ。一部だけ、マッカッカに紅葉してる!




境内には、立派な雄鶏が。神社で飼っているみたい。
夕方なのに優雅に「コケッコッコー」連発してました(笑)




「強いエネルギー感じる?」
「・・・わからへん・・」
江原さんは「エネルギーの強さだけに惹かれて参拝してはいけない」
と言っています。
もちろん、エネルギーを求める好奇心だけで訪れたわけではありませんが、
やっぱり、凡人にはエネルギーを感じるのは難しいです

↓楼門




御朱印をお願いして、
「そちらでお待ちください」と言われたので、
椅子に座って、拝殿を望みながら待ちます。

拝殿の中では、ひとりのために御祈祷が行われていました。
ご利益をひとりじめできそう・・・。なんてね。




日が暮れてきて、余計に神秘的になった境内で、
かしましいおばちゃんたちの会話をバックに、
休憩場所にあった神宮に関する本を読んで、今更ながら、勉強。

「おまたせしました」と御朱印帳を返して頂き、
トイレに行って(我慢してたので・・・
また、拝殿まで戻りました。

国宝の拝殿を見ていると、静かに癒されるカンジ・・・?

17時前になると、ひとけもなくなり、
ほうきで境内を掃いて、おしまいの準備を始められたので、
帰ることにしました。



↓ポチっと応援お願いします♪


10/22 桜井 もんちっち2
2006年 10月 26日 (木) 20:42 | 編集
時間がちようど15時前。
おやつの時間なので。
秋なのに、お天気よくって暑いくらいだから。

「パフェ食べたい・・・」

それも、
「フルーツいっぱいのパフェがいい・・・」

ってことは。
くだもの屋さんが経営する、
「もんちっち」に決まりです

でも、橿原神宮から一番近い場所にあった「もんちっち醍醐店」は潰れちゃったし、
橿原市真菅にある「もんちっち真菅店」は接客がビミョーなので苦手だし・・・。

行ったことがない、桜井市の「もんちっち2」に行くことにしました。
・・・さっき、談山神社から橿原に行く時に前を通ったような・・・(゚ロ゚;)ハゥ!

駐車場あいてるのかなー・・・と心配しながら行くと、
ちょうどお店の前のスペースが空いてました。

お店に入ると、お客さんいっぱい。
でも、席は空いてました。よかったっ。

周りのお客さん、ほとんど、クラウンメロンパフェ(¥580)を食べてます。
確かに、高いほうのメロンがたんまり乗ってて、魅惑的~。

でも、私はメロンがそんなに好きじゃないので。

迷いに迷ったあげく、
フルーツパフェ(¥580)を注文。フツーだ。



フルーツ以外には、バニラアイスとソフトクリームのみの、
シンプルかつ分かりやすいパフェです。

おいしい。
おいしいんだけど、大量のアイスで最後まで食べきるのが大変でした 


妹が食べたのは、フルーツタルト(¥380)
タルトに、カスタードクリームとこれまたフルーツがたっぷり♪



でも、私のダイスキなカスタードクリームが少ない・・・んですよ。
物足りない~!

が。あっさり好きの妹は、
「カスタードの量が適度でおいしいー」と言っておった。
好みは人それぞれですねー。



↓ポチっと応援お願いします♪


御朱印-橿原神宮
2006年 10月 26日 (木) 18:42 | 編集
御朱印所で、巫女さんに
「御朱印おねがいします」と言うと、
奥から別の巫女さんを呼びました。

呼ばれるってことは、達筆ってコトね~。ワクワクワク。

さて。
神社の悲しいトコロは、
御朱印があっさりしているトコロ・・・。

橿原神宮も、かなりあっさりしています。




そして、返して頂く時は、
「ありがとうございます」と両手で厳かに御朱印帳を受け取ってしまうんですよね~。

こういう謙虚な気持ちになれるのも、
神社仏閣めぐりの、よいトコロ♪



↓ポチっと応援お願いします♪


10/22 橿原 橿原神宮
2006年 10月 25日 (水) 20:17 | 編集
ウムム~。橿原市まで来ちゃったついでに。
橿原神宮(かしはらじんぐう)」 に行きましょう♪

奈良県に住んでいた頃(今でも)、初詣は、橿原神宮か大神神社だったので、
あまり新鮮味はないんだけどね・・・。

・・・。アレ?車ってドコに停めるの??
車で行っても、昔は当たり前のように路駐してたから、
どこに停めればいいのかわからない~ 

と思ったら。
正面に有料駐車場がありました。
なんだ、いつの間に出来てたんだ・・・。1回500円です。

車を停めて、
砂利の参道を歩きます。

人通りも少ないし、露店も出てないし、
なんか不思議なかんじ~。
七五三の時期なので、家族連れが結構いました。


橿原神宮には一代目の天皇である神武天皇と、
媛蹈韛五十鈴媛(ひめたたらいすずひめ)皇后が祀られています。
なので、天皇家の方もときどき参拝されます。

でも、橿原神宮が出来たのは、明治時代。
意外と新しい。
今回、初めて知りました(笑)

↓南神門




↓外拝殿




↓内拝殿




普段は外拝殿までしか入れません。
初詣では、内拝殿の前まで進んで、参拝できます。

ここの神社はだだっ広いです。
周りの森も神社の敷地で、子供の頃には、オリエンテーションとか
写生大会とかで来たな~・・・と懐かしいー。


渋く、菊展してました。菊ってどうも好きになれませんけど・・・。




外拝殿を望みながら、
自動販売機でジュースを買って、
休憩所でひとやすみ。

神社で休憩いいっすね~。



↓ポチっと応援お願いします♪


10/22 橿原 だんご庄
2006年 10月 24日 (火) 18:38 | 編集
なんだかまだ物足りない、食べ足りないので・・・。

たまうさぎ」のお師匠さんのお店で、
橿原市坊城にある、
「だんご庄」本店に行ってみました~!

地図をたよりに、
近鉄坊城駅を目指します。

そして順調に、「だんご庄」の駐車場を発見!
既に5台くらい停まっているけど、広いので、私たちも停められました。

お店に入ると・・・
混んでるぅ~。だんごが出来るのを待つ人がいっぱい・・・。



店内で食べられるようなので。
1人2本づつ、計4本。だんごを注文して、お持ち帰りを待つ人に混じって、待ちました。

奥では、おばちゃんたちが、せっせせっせと、
だんご作ってます。
きなことだんごを入れたタライを振って混ぜ混ぜしてたり、
きなこだんごを串にせっせと刺してたりします。

そして出てきた、正真正銘、出来立てだんごー!ブラボー!



きなこがボコッと一部に大量についていたり、こころなしか、イビツです(笑)

でも、出来立ては、やっぱり一番おいしいー!
だんごは適度に歯ごたえがあるけど、やらかいし、
きなこもたっぷりついてるし。

まるで、味見をして納得をしたから買うかの如く、
食べ終わった頃に、
お持ち帰り用を購入。
おだんごは1本63円。何本買っても、本数×63円。

既に今日は2本食べたし、家に帰って、冷凍することを考えて、
15本入りを買いました。



帰ってから、翌朝食べる分を除いて、残りはさっさと冷凍庫へ・・・。
食べる3時間前に冷凍庫から出して、自然解凍すればよいらしいので、
ちまちま、もったいぶりながら食べようっと~

「たまうさぎ」との食べ比べですが・・・。
「たまうさぎ」のほうが、キレイな丸いだんごで、
「だんご庄」は少々・・・というか、かなり?いびつです。
これは、焦って丸めたからでしょうか??

味の違いは・・・。
それぞれの食べた状況が違うので、なんとも言えませんが・・・
やっぱり「だんご庄」のほうがスキ~♪



↓ポチっと応援お願いします♪



10/22 桜井 彩膳&tea卯
2006年 10月 23日 (月) 19:51 | 編集
お腹がすいて死にそう・・・。
近場でランチしましょう~♪

と。165号線沿いの「木材振興センターあるぼ~る」内の
「彩膳&tea 卯」へ行くことに。

駐車場に入ると、なんだか混んでます。
席空いてるかな・・・と不安に思って、お店に入ると、
他には2組しかいません(笑)
他のお店のイベント中のようで、多いのはそちらのお客さんでした。




「彩昼膳」¥1,000
計8品のおかずが小鉢で出てきます。
サラダ、冬瓜(かとおもう)の煮物、豆腐、じゃこの佃煮、ブロッコリー明太子ソースと、
残り3品は5品の中からチョイスして、
鮭の竜田揚げ、里芋、春菊と鶏肉のおひたし。




ごはん(おかわり自由)と味噌汁 又はパンとスープが選べます。
私はごはん、妹はパンを選びました。




これが・・・。

おかずもちょびっとづつで、メインがないかんじだし、
ぬるかったり、どれもこれも、物足りない~!
少なくって、ごはんをおかわりしちゃいました ( ̄∇ ̄;)ゞポリポリ

というのも、
近所のごはん屋さんで、12種類くらいの小鉢が並んで
コーヒー付で¥1,000のランチを食べているせいでしょうか・・・?

あ、味はおいしかったです。

帰る頃には、満席になって、順番待ちの人も出てきました。
やっぱり、お昼ごはんは早めに食べるべき~。ムフムフ。



↓ポチっと応援お願いします♪


御朱印-談山神社
2006年 10月 23日 (月) 19:51 | 編集
若い巫女さんに書いていただきました。




そういえば。
高校の時に、友達が、談山神社で巫女さんのアルバイトをしていました。
その友達は超!達筆なので、
それを生かして、御朱印書いていたのかも~。
今度会ったら、聞いてみよっと。

っていうか、高校生バイトに御朱印を書いてもらうのは、
ちょっとイヤなんですけど・・・私。

なんか・・・ありがたみが・・・なさそうというか。ブツブツブツ。


笑っちゃいけないけど、ブブブと笑ってしまった、
藤原鎌足公神像の前に置いてあった、
藤原鎌足御朱印です。






↓ポチっと応援お願いします♪


10/22 桜井 談山神社
2006年 10月 22日 (日) 22:34 | 編集
今日は~
紅葉で有名な、奈良県桜井市の談山神社に行ってきました!

でも。
るるぶ.com 紅葉とれたて便2006 では10/17現在 紅葉度0% ・・・。
ガクッ。
まだ早いようです。

でもまあ。
紅葉真っ盛りだと、道も駐車場も混んでて大変そうなので、
いっか~。

と、9時過ぎに駐車場に到着すると。
案の定、ガラガラです。ニヒ。

ちと遠い駐車場から、談山神社へ向かいます。
階段を下りたり、神社についたら、階段を上ったり、
意外と大変・・・。

この時点で、2人とも、フウフウ言ってるし・・・

拝殿から外を望む↓




ぬお~。
外の青々とした木はイロハモミジ?又はカエデ?
とりあえず紅葉したら、真っ赤になると思われます~。
こりゃあ、紅葉したら、めちゃめちゃキレイですよー。うー。

他に人もいなくて空いていたので、
座って外を眺めてくつろぎました。

外に出ると、端っこのほうはちびっと色づいてました~。
これでも、紅葉度0%?? ハテ?






んーでも、一面マッカッカになると思ったら、
またそのときに来たいですなぁ。

世界唯一の十三重塔は、
思ったよりも小さかったです。
そりゃあ、13階建てって、フツウの大きさだったらバランス悪いだろうけど。
大きいのを想像していただけに、意外とこじんまりしてました。




ちょこっと10分。
山を登ったら。
「談山(かたらいやま)」と、
「御破裂山(ごはれつやま)」があるよ~。
展望台があって、眺めがいいみたいよ~。
・・・と、妹を丸め込み、ハイキングがてら、裏手の山を登ってみました。

んが!
これが、かなりしんどかった・・・。

上り始めて、5分と経たないうちに、
既にギブアップ気味。
「階段きっついわー!坂道にしてー!」
とかいいつつ。
15分後ぐらいに、「談山」に到着。
藤原鎌足と中大兄皇子が大化の改新の構想を談り合った場所です。
なんでわざわざこーんな山の中で・・・。とか文句を言いたくなります




ベンチで、
この後、上の山へ更に登るかどうかを談らってみた後、
せっかくここまで来たのだから、と、
250m先の御破裂山へ向かいます。
ここからの道のりは、平坦な道も多く、まだ楽だったけど、
やっぱりしんどい・・・。

やっとこさついた展望台からの眺めは・・・
隙間からの覗き見 




曇ってていまいち眺めはよくないけれど、
橿原市の大和三山が望めました。

帰り道は、
急な下りの坂道は歩きにくいけど、
階段は楽チン♪
・・・って、さっきは、階段やめてくれって言ってたくせに

すたこらさっさと下りられました。
上りですれ違う人は、きっと、「元気だな~」って思ってたと思うけど、
私たちも上りは、おんなじくらいしんどがってたんですよ・・・ホホホ。

その後も、談山神社でぐるぐる過ごし、
お腹が空いたので、早めにお昼ごはんに Let's go!です♪

神社内で見つけた花↓





↓ポチっと応援お願いします♪



御朱印-高野山奥の院
2006年 10月 21日 (土) 13:22 | 編集
燈籠堂内に、御朱印を書いてもらえそうな場所があったので、
近寄って聞いてみると、
こちらではなく、外の御供所で頂けるとのこと。

御朱印を頂いていたら、
「今日はこちらにお泊りですか?」と聞かれました。
もう夕方で、日帰りだったら帰っていそうな時間だから?

「日帰り」だと答えると、
どこから来たの?と、
なんだか奥の院の厳粛な雰囲気とは違って、
人当たりのよい方たちでした(ん?失礼?)




妹は行く神社仏閣で、しょっちゅうお守りを買っています。
以前どなたかのHPで
「お守りは行くトコ行くトコでは買えないけれど、御朱印なら頂ける」
と書いてあったのですが、
妹は、「行くトコ行くトコ」交通安全お守りを買います(笑)

交通安全のお守りは車にじゃらじゃらと掛かっているのですが、
おかげさまで、神社仏閣めぐりも、事故らず、無事にまわれています

10/15 高野山 奥の院
2006年 10月 21日 (土) 11:09 | 編集
金剛峰寺の前の駐車場から、
今度は、奥の院に参拝するため、中の橋駐車場へ移動します。
ココも駐車場代無料。次々と駐車場を移動しても安心です

中の橋駐車場からは、
通常、直線で参道があるのですが。
周囲はキレイで明るい霊園です。

正規の参道とも言うべき(?)
背の高い杉の木に囲まれた、一の橋からの2km程続く参道のほうが、
歴史上人物のお墓がずらりと並んで、神秘的で雰囲気があるので、
そちらを通りたい。

でも、距離が長すぎる・・・。

というわけで~。
高野山の魅力」 を参考に、
一の橋から御廟の間に位置する中の橋に途中参加する道順を選びました。

「本当に大丈夫?」と思わせる林の中。
他に誰もいないので、不安になりながらも、
あっさりと中の橋に到着。
ホッ。ここからは、ちらほらと他に人も見かけます。

「姿見井戸」というのがあり、
覗いて姿が水面に映らないと、3年以内に死ぬ・・・らしいです。
姿が映らなかったら・・・と思うと、怖くて覗き込めません

豊臣家、前田家、浅野家の墓石を眺めつつ、進み、
織田信長の供養塔を探しました。
他の人も探していたのですが、いまいちどれかわかりません。
お墓の前に、「織田」と書いた小石が置いてあり、
「いたずら?」かと思いましたが、後からガイドブックを見るとそこが
織田信長の供養塔でした。

カメラをもった集団は、上のほうの入りにくい場所の墓石を確認していて、
どうしても見つけて写真を撮りたい模様。

あ。私は、参道ではちと恐れ多くて、写真を撮っていません。
つまりは広大な墓所なので、写らないとは思うけど、
何かが写ったら怖いので・・・。

そうするうち、御廟橋まで来ました。
ここから先は弘法大師の御廟があるので、撮影禁止です。

左側に心願成就の石「弥勒石」があり、
片手で持ち上げると願いが叶うといわれています。

必死で持ち上げようとしましたが、
女では無理では??
でも、「罪の軽い者には軽く、重い者には重く感じられる」そうです。
っていうか、昔は女性はここまで来れないんでした。そうでした。
ってことは、女性が持つことは前提にないですよね・・・。

燈籠堂にはぎっしりと燈籠が掲げられ、
夕暮れ時に、灯りがついた燈籠は幻想的でした。

ここで観光ガイドさんに連れられた団体さんと遭遇したのですが、
詳しい説明がいっぱい聞けて、うらやましかった・・・。
途中、団体に加わったりして話を聞いたり(笑)
そしたら、懸命にお守りを宣伝しているので、
ちょっと、「アレレ?」ってかんじだったけど。

帰り道は駐車場へと最短距離な参道を通って帰りました。
↓平和橋






↓ポチっと応援お願いします♪


10/15 高野山 おやつにやきもち
2006年 10月 20日 (金) 18:27 | 編集
行くトコ行くトコ、
おいしそうなおやつをふらふらふら~ と購入したのでご紹介・・・。

その1
「上きしや」のやきもち 




高野山名物といえば、やきもち・・・らしいです。
食べる高野山 で、
「元祖を名乗るやきもち屋」さんとあったので。

しばらくしてから、食べてみると。
想像していたよりも、やわらかい~!

薄ぺったいあんこ入りのお餅は、
決して潰れて薄いわけではありませぬ(え?当たり前?)

塩味があんこに効いていておいしいです。
お餅が薄いので、ヒトツ、ペロリと食べられちゃいます。

帰りに、お土産にもっと買って帰ろうと思って寄ったのですが、
17時、既に閉まっていました。

なので、違う開いているお店でやきもちを買って帰りましたが、
次の日食べたからか、
やわらかさはイマイチでした。
でも、一緒に食べた友人は、
「このやきもちを買いに高野山に行きたいかも~」って言ってくれました。ムヒッ

その2
「みろく石本舗かさ國」 の山来帰餅(さんきさもち)とくるみ餅。




なんだか人だかりで、次から次へと買っていく人で溢れていたので、
行列につられてつい、買ったのですが。
くるみ餅、
くるみが入っているわらびもち・・・?
これが。
おいしー!!
わらびもちもくるみも好きなので、意外な組み合わせに感激です。

山来帰餅は、
「かしわ餅と、はっぱが違うだけ・・・?」ってかんじでした。

皆さんが大量に買って帰っていた、このお店のやきもちも気になる・・・。



↓ポチっと応援お願いします♪



御朱印-金剛峰寺
2006年 10月 19日 (木) 20:11 | 編集
ハッ。
金剛峰寺で御朱印を頂いたのを忘れていました。

金剛峰寺は、拝観料を払う前に御朱印を書いて頂けました。
・・・中に入らなくてもよかった??
とか思いつつー。

2人御朱印を書く方がいらっしゃったので、
妹と私、筆跡が違います。




右の御朱印のほうは、「金剛峰寺」ってちゃんと読めるけど、
左の御朱印のほうが達筆で、若い方だったので、なんだか意外~。


↓ランキング ポチっとお願いします♪


10/15 高野山 濱田屋
2006年 10月 18日 (水) 18:44 | 編集
ではでは、次は、メインともいうべき・・・
胡麻豆腐を買いに行きましょう!




車に戻って、
保冷バックを持って、トコトコ、高野山のメイン道路を奥の院の方向へ歩きます。
左右にはちょこちょことお土産屋さんが並んでいます。

んが!
途中で、地図を車に忘れてきたことに気付きました。

んー。
お店の場所、うろ覚えだけど、大丈夫かしら~?
と、思ったら。
やっぱりわかりませんでした 

テコテコ歩き続けていたら、
そろそろお店もなくなってきたので、引き返しがてら、
高野山名物やきもちのお店「上きしや」でやきもちを買いつつ、
「濱田屋さんはどこですか?」と聞いたら、
「600m程、(金剛峰寺の方向に)進んで、『みろく石』というお店の横を入ってください」

600m・・・?
戻るってこと?

フンガー!
どえらい間違えていたようで・・・。

テコテコ戻ると、
「ここって、さっき、入ったけど、なさそうだから引き返してきた道やんなぁ・・・」

でも、教えてもらったように、横の道を入って、
「本当にあんの~?」と思った時。

ありました!
「濱田屋」です。




お店の前には、必要なのかどうか、車を誘導する警備員が1人。
こんなことなら、車に乗ってくればよかった・・・。

お店の中で、胡麻豆腐を頂けるので。

わさび醤油味と、和三盆味から、
和三盆味を選んで、1つ注文しました。



わさび醤油は家でも食べられるけど、
和三盆は、珍しいからね~。

どんな味かワクワクワク。
ぱくっとな。
・・・なんじゃコリャ。

これは、合うんですか???

きなこのようなかんじもする和三盆は、
胡麻豆腐と別のところから、別の形で別の味でやってきます。

ハテ?

不思議なかんじでした。


こちらのお店は、
保冷バックがないと、お持ち帰りさせてくれません。
なので、保冷バックに、明治乳業の宅配サービスで使用している保冷剤を拝借して、
入れて持っていきました。

が。
当たり前ですが。
既に溶けています。

「こちら溶けているので、ウチで凍らせている分と取り替えますね~」
と言われ、
ギョッとなった私たち。
「こ、この保冷剤は返さないといけないので・・・」

と思ったら。
お店がくれた保冷剤はおんなじ明治の名前入りの保冷剤でした(笑)

他のお客さんが置いていった保冷剤を凍らせておいて、
次のお客さんが持って行った保冷剤と交換してくれるシステムなようです。

なので、家に帰るまで、ちゃんと冷たかったです。ごま豆腐。
6つ入り¥1,386




2日しかもたないので、
毎晩わさび醤油で食べましたが。

やっぱり、薄いです。
胡麻が薄いです。

「だから高野山の胡麻豆腐は買ってきていらんって言ったやん」
と母に言われました・・・。

でも、有名なのに・・・。

胡麻が薄いのが好みの人にはいいんだと思いますが。

奈良、京都で食べる胡麻豆腐にすっかり魅せられたウチの家族には
イマイチ受け入れられない高野山の胡麻豆腐なのでした。



↓ランキング クリックお願いします♪


10/15 高野山 金剛峰寺
2006年 10月 17日 (火) 21:02 | 編集
とことこ「金剛峰寺」へ向かうと。
またしても!妹が、休みたいと言うので・・・
車に戻りました。

で、またちこっと休んでから、
金剛峰寺の前の駐車場に移動しました。
駐車場無料でよかったです。ホント。

駐車場は、観光バスや空き待ちの車でいっぱい・・・。
対向する車にこすられそうでドキドキしました・・・。

「どうしよ~」と思っていたら、ちょうど目の前の車が出て行ったので、
ラッキー♪ とばかりに停めて、金剛峰寺へ。

ハガッ。
ここも改修中ですか~。
でも、外側はシート張りですが、中には入れるし、中はフツウでした。




お茶とお菓子が頂けました。
お菓子は、甘いおせんべいみたいなので、
一口食べて、「・・・」な味でしたが、食べ進めると、おいしくなってきました。




これが見たかったんです!
日本一の大きさの石庭。




建物をぐるっと囲んでいるので、本当に広いです。

もう少し紅葉していれば、もっとキレイ~。ですね。
難点は、座って眺められない、ということでしょうか。

通路からしか望めないので、
じっくり座って、堪能したかったです。

↓こちらは通路横のミニ石庭(か?)




なんか、こっちのほうが、
こじんまりしていて、雰囲気があって、好きです。

お寺の中は、たくさんのお部屋の襖絵を拝見できます。
「豊臣秀次 自刃の柳の部屋」や、
自分んちにあったらステキ~な襖絵も・・・。



10/15 高野山 壇上伽藍
2006年 10月 17日 (火) 20:16 | 編集
つくも食堂を出て、町中へと進むと、
「高野山霊宝館」の駐車場がガラガラだったので、車を停めました。

さて。じゃあ、霊宝館にでも行きましょうかねー。
と、思ったら。
妹が、食べ過ぎで腹が痛いという。

しばし車で休憩・・・。

治ったというので、「霊宝館」に入りました。
入ると、自動ドアの向こうに仏像が!!どどーん!
おおう。

高野山の仏像などの文化財をまとめて収蔵しているようで、
その後の金剛峰寺では仏像、お見かけしませんでしたね。

秋だというのに、冷房がきいていて、ひんやりしているので、
また腹が痛いと言う妹・・・。

パパパと流すように見て、外に出ました。

しばし車で休憩。

またしばらくすると治ったらしいので、
バス停ひとつ分歩いて、「壇上伽藍」へ行きました。

またもや。
どどーん。
と、気がつけば「大塔」が目の前に!




山の中とは思えない、でっかさです。
中に入ると、拝観料は自己申請制で、
お賽銭箱にチャリンチャリンと1人200円投入。
ウムム。払わないでもいいんじゃないかと思ってしまいました、私。

でっかい大塔の中には、
ぎっちりでっかい仏像が5体も並んでいました。
3体だと思っていたら、真後ろに隠れてました(笑)

御朱印を書く机はあったのですが。
書いてくださる方がいらっしゃいませんでした。

外の「大塔の鐘」で1時を知らせる鐘をついていたから、
そっちのほうに行っちゃったのでしょうか・・・。

ここでもまた。
また腹が痛いというので、そそくさと外に出ました。


↓「金堂」




高野山といえば、高野槇。
高野槇といえば。
悠仁親王さまのお印ですよ~。




行くトコ行くトコ、高野槇がありました。
苗を買って帰ろうかとも思ったのですが・・・
庭に植えて育ちすぎてもびっくりなので、止めました。

↓蛇腹道を通って金剛峰寺に行くと近いのです。




「どこが蛇腹なん~?」と言っていたら、
「弘法大師が竹ぼうきで蛇を払ったという伝承から」この名がついたそうです。ナルホド。

10/15 高野山 つくも食堂
2006年 10月 16日 (月) 21:10 | 編集
高野山と言えば・・・精進料理?

でも、精進料理は味気ない割りに、高いし・・・
宿坊で予約しないといけないし・・・
と、ちょいと腰が引けたのです。

小さい町なので、めぼしいご飯屋さんもないだろうなー・・・と思っていたのですが、
ガイドブックにも載っている、結構有名なお店「つくも食堂」に行くことにしました。

大門から町に入ると。
すぐそこ、左手にあります。

お店の手前の道を入り、
納屋のような駐車場に車を入れました。
小さいながらも、ガイドブックには「P2台」って書いてあるから、
超!気を使って、ギリギリ端っこに寄せて車を止めます。

お店に入ると、11時を過ぎたところなのに、
既に2組先客が。

壁に掛かったメニューを確認。
山菜釜飯・地鶏釜飯・椎茸釜飯・じゃこ釜飯・松茸釜飯

もちろん、釜飯を注文しました。

「釜飯だからきっと時間が掛かるハズ~」と、
これからの計画を立てようと思ったら、
3分くらいで出てきました。

はやっ!!

・・・・・・既に作ってたのか・・・?




私は山菜釜飯。
妹は地鶏釜飯。
どちらも¥1,360です。ちと高い?

松茸釜飯の¥2,800は安いと思ってしまうけど(笑)


出てくるのは早かったけど。
おいしかったです~。
味付けバッチリ。
やわらかくって、量が多いにも関わらず、ペロッと食べてしまいました・・・。
量が多くて残すのが大前提のようで、
テーブルにはラップとビニール袋が置いてあって、
おにぎりにして持って帰るようお店の方は何度も勧めていました。

私は食べきっちゃったけど、妹は残った分をおにぎりにして、
持って帰りました。
結局、おやつにごま豆腐やらやきもちやら食べてお腹が空かなかったので、
家に帰ってから食べましたけど。

一緒に出てきた、胡麻豆腐。
これが、高野山を訪れた目的のヒトツでもあったりします。
胡麻豆腐好きの姉妹なので、
「やった!胡麻豆腐もついてた!」と、
喜んで食べたのですが・・・。

薄い。
胡麻が薄い。です。

ねっちょりした食感はまさしく胡麻豆腐なのに・・・。
ゴマの味がうっすらとしか感じられない~。がーん。

と、少なからずショックを受けたのですが。
後から食べたほかのお店の胡麻豆腐も薄かったので、
これが高野山の胡麻豆腐なのかもしれません。


食べ終わる頃には、数組待たれるお客さんがでてきました。
というか、2組分、ずっとお客さんがこない予約席があったからだと思うけど。
いそいそと外に出て、駐車場に行くと。

他の1台がどでーんとギリギリの位置に止まっていて、
車の間には人が通る隙間もありません。
・・・こんなのP2台分ないじゃん。

私たちの車は軽なのにこれだから、
大きな車じゃ2台は入ることも出来ないと思われます。ハイ。




10/15 高野山 大門
2006年 10月 15日 (日) 23:15 | 編集
今日は、
和歌山県は高野山へ行ってきました!

遠いような意外と近いような。
弘法大師が開いた霊場 高野山。

車で行ったのですが。
和歌山県橋本市から、高野山へ向かう山道 国道480号線・・・
めちゃめちゃしんどかったです 
地図で見ても、すごいグニャグニャ道で、見るからにヤバそう。
実際、上り道はなんとか我慢できたのですが、
下り道は完璧に車酔いしました。
でも、後ろから迫ってくる車はガンガン猛スピードで抜いて行きます。
うーん。高野山住民?恐るべし。


「高野山に着いた!?」と思った瞬間。

↓大門がドドーンと左側に現れました。




すごー。
山上800m。
なのに、でっかすぎます。この大門。

夏は避暑地になるという高野山。
なので、きっと、寒いだろう。
ということは、紅葉してる?

と思ったら。
一部。だけ。
モミジがちょこっと紅葉中。




空気は冷たいけれど、
お天気がよかったので、
暖かいような、肌寒いような。そんなかんじ。(どんなかんじ?)

まわりのみなさんは、
欧米人がTシャツだったり、
こんもり着込んだ人がいたり。
人それぞれ。

私も、上着を着たり脱いだり。

高野山に着いたのは11時。
お腹も空いてきたし、なにより早めに食べたほうが混んでいなくていいので、
すぐにお昼ごはんを食べることにしました♪



10/8 奈良 たまうさぎ
2006年 10月 14日 (土) 20:51 | 編集
2つめのお土産は。
「たまうさぎ」のきなこだんごです。
近鉄奈良駅構内にお店があるので、そちらで購入。




こちらのだんご屋さんは、
奈良県橿原市坊城に本店がある「だんご庄」で修行された方が奈良市で始めた比較的新しいお店。

私は、「だんご庄」のきなこだんごには結構強い思い入れがあります。
小さな頃から、
人から頂いたり、訪問したお家で頂いたり、
自分ではあまり買わないけど、
1本はペロッと2本でも3本でも、ぱくぱく食べられる、
なんか、きなこ味の食べ物の元祖的なきなこだんごなのです。

小粒のおだんごに、しっとりきなこがみっちり絡んでいて、
素朴さがサイコー。いぇーい! ってかんじ?

妹は、
「だんご庄のほうがおいしい」と言うけど、
私は、はっきり言って、違いが思い出せません・・・

でも、もったいながりなので、ちびっとづつ食べていたら、翌日。
確実にだんごが固くなっています。
その翌日。
すっぱくなっていました。
・・・って、もったいながり過ぎ!?

保存が効かないので、食べないときは冷凍して。って言われていたのに。
今度は、「だんご庄」を買って味比べをしたいです。
で、大量に買って帰って、冷凍しとこう!っと。




10/8 奈良 平宗の柿の葉ずし
2006年 10月 13日 (金) 23:34 | 編集
ランチの予定は決まっているくせに、
通り道にあった「柿の葉ずし平宗」で、つい。
柿の葉ずし買っちゃいました。

 


「小腹が空いたら食べよう~」と言っていたけど、
豆腐料理を大量に食べたし、
おやつにみたらしだんごも食べて、
「くるみの木」でアイス最中も食べちゃったので、
案の定、帰るまでお腹空きませんでした・・・。

なので、
家に帰ってから、夜ごはんに一緒に食べました~。

↓喜んでいたら、
なんとー。楽天でも売っているではないの・・・。

平宗の10代目が放つこだわりの柿の葉ずし鯖(10ヶ入り)

今まで、
柿の葉寿司と言えば・・・鯖。だったのですが。
さば・さけ・こだい のセットを買いました。

変わりネタは食べたことないから、家族で取り合い・・・。(というか、私だけ必死)

こだい(小鯛)は、「鯛!」と強調するための皮が邪魔・・・。
鮭を食べたら、「やっぱり鯖が一番好きかも・・・」
と、やっぱり鯖に落ち着きました。

他にも穴子もある模様。

10/8 奈良 くるみの木
2006年 10月 13日 (金) 22:24 | 編集
さて。秋篠寺でまったりした後、
更に、カフェでまったりしようかと。

妹の希望は「ガトー・ド・ボワ」
私の希望は「くるみの木」

で、じゃんけんして、勝ったほうのお店に行くことに。

でで。
私が勝ったんで。
くるみの木一条店」に行くことに。
うほほい。

っていうか、大人気のカフェ「くるみの木」
最近知ったのですが。
ヘルシーランチが大人気♪なので、11時オープン前から並んででも食べたかった私でしたが、
妹に「カフェごはんは嫌」と一蹴されたので、
それなら、ケーキだけでも・・・。

地図を見ながら、お店を目指します。
と。
道から
↓看板が見えて、わかりやすい♪




なんかいいかんじな入り口です。




15時ぐらいだったのですが。

満席でした・・・。
5組待ちだったので、
奥の雑貨屋で時間潰しをしていたら、呼びに来てくれました

私は、黒ゴマと抹茶のアイスもなか
妹は、なんか名前も分からず、残っていたタルトケーキ




アイス最中 は黒ゴマ濃厚。
抹茶のほうには、あんこ入り。あんこアイスじゃなくて、凍ったあんこ?
名前が分からないタルトもおいしかったです。

それにしても、お店に入った時にはショーケースに数種類並んでいたケーキが、頼むときには、ごっそりなくなっていたのはショック・・・。
帰る前には、ショーケース、からっぽになってました。
ケーキも大人気なんですね~。





10/8 奈良 秋篠寺
2006年 10月 11日 (水) 20:03 | 編集
お次の目的地は「秋篠寺」です。

車で出掛けたのですが。
奈良公園付近の駐車場は、料金が高い!(1回1,000円とか) ので。

少し離れた、新大宮のイトーヨーカドー隣に臨時で設けられた パークアンドライド を利用していました。

無料で自転車が借りられるパークアンドライドだったので、
西大寺まで、自転車でどれくらい掛かるか聞くと、
30分と言われました。

うーん。自転車なんて、何年も乗っていないのに、
大丈夫じゃないやろ~。
ということで、
車で行くことにしました。

平城宮跡の「朱雀門」を横目に、
西大寺の「奈良ファミリー」を抜け、
競輪場を超え、
細い道を通り、
「秋篠寺」の駐車場へ。

駐車場は10台程の広さですが、
入れない人はいないけど、次々入れ替わって、常に満車。というかんじです。

拝観受付に行くまでに、
苔絨毯が~!!

ひょぉ~。
ゴロゴロしてみたい~。
ペリっと剥がして持って帰りたい~。

で。
端っこのほう、ちびっと触ってみたら、
見た目のフアフワと違ってゴワゴワでした・・・。

チッ。




さて。
秋篠寺のメインはこの本堂ですが。
ココ以外にどこ見るんですかね?というカンジ・・・。




中には・・・
ウワサの「伎芸天(ぎげいてん)」がいらしゃいます~♪
さすが、品があって、キレイです~。

んが。ここには伎芸天だけがいらっしゃるわけではなく。

真ん中に薬師如来。囲んで日光菩薩・月光菩薩。
十二神将。地蔵菩薩。不動明王。帝釈天。そして伎芸天。

ぎっしりみっちり、濃いですよん。

本堂の中にはベンチが並べてあるので、
そちらに座って、じーーっくり、仏像を眺められます。
休憩にもなって、よいかんじ~。


で。仏像を堪能し終え、

御朱印♪御朱印♪
と。本堂内見張り役の少年(きっとバイト・・・)に聞くと、
「うちではやっていません。」という、悲しい返答が!
そりゃあ、携帯いじったり、
お賽銭から大きいお金を選別している、
この少年が書いてくれるとは思っていなかったけどさ・・・。

でもー。
ネットで「秋篠寺」の御朱印を公開されている方、いましたよぉ~!!

そういえば、このお寺。
見張り少年と、受付の女の人と、駐車場にいるおじさん以外に、
お寺の人、見ませんでした。


御朱印-元興寺
2006年 10月 10日 (火) 18:24 | 編集
「元興寺」の御朱印です。




書いてくださった方は、
受付の小さな建物のなかにいらっしゃった、女の方でした。

ちょうど12時過ぎだったから、
書き終わった後、その場所で
お弁当を食べているところを目撃・・・!

この人もお弁当食べてるし~。とお茶を飲んだのは間違いでした。ハイ。


またしても。またしても。

妹と私、同じデザインの御朱印を頂いてしまいましたー!
いざというときに、コロッと忘れてしまうんですな、これが。



10/8 奈良 元興寺
2006年 10月 10日 (火) 18:04 | 編集
奈良町(ならまち)に来たと言う事は・・・。
世界遺産「古都奈良の文化財」のひとつである「元興寺」にも行かなくっちゃ!

ということで。
元興寺南側にいた私たち。
ぐるっと西側まわって北門から入ろうと思ったら入れず、東門へまわりました。




そういえば、「興福寺」にも何回か行っているのに、
どこに↓この石碑があるのか分かりません・・・。
元興寺は達筆ですね~。




受付で、守衛の格好をされた方に、
まわり方と、見所を説明して頂き、そちらで御朱印をお願いし、
御朱印帳を預けました。

なんだかこのお寺は、ほんわかユルイ雰囲気です。
畳敷きの極楽堂の中では、座ってまったり出来るし、
縁側(と言っていいんですかね?)に座って、
持参のお茶を飲んで寛いでしまいました。

が!外に出るときに、「飲食禁止」という表示を発見!

す、スミマセンでした・・・。

お茶を飲みながら、「ここでお弁当とか食べたいね~」とか言ってました。私たちったら。


萩が極楽堂を囲むように植わっているのですが、
残念ながら、時期は終わっていました。
枯れた残骸を見れるのみ・・・。

あ~。満開だったら、圧巻なのに~。


↓色の茶色い瓦は飛鳥時代のものだそうです。
すごい。何年経ってるの~。




斜めから見ると、きれいに整列していました。




拝観料がいらなければ、ときどき、
ふら~っと入って、のんびりしたいお寺です(笑)


10/8 奈良 奈良町豆腐庵こんどう
2006年 10月 09日 (月) 15:47 | 編集
「興福寺」を後にし、
もちいどのセンター街を通り、奈良町(ならまち)に向かいます。
奈良町には、古い町並みを利用して、
オサレな雑貨屋さんやカフェがありますが。

目指すは、庚申堂・・・




・・・の南側、数件隣の「奈良町豆腐庵こんどう」です。




11時オープンですが、
前日に予約の電話をすると、11時からしか空いていなかったので、
11時ちょっと過ぎに訪れました。
既に1組先客がいらっしゃいましたが、そのうち続々と、気がつけば満席に。
1組だけ、予約ナシで入られたようでしたが、
次の方はお断りされてました。

昔ながらのおうちを利用しているお店は、奥に中庭があって、
ステキです~。




お豆腐やさんが経営する、お豆腐を堪能出来るお豆腐料理屋さん。
食べたランチは、その名も「豆腐堪能コース」! ¥2,000です。

コース内容は。
豆乳
大豆含ませ
おぼろ豆腐
朝汲み湯葉さしみ
豆乳湯豆腐
粟と蓬の生麩田楽
豆腐サラダ
豆腐と山芋のかき揚げ
飛龍頭と季節の野菜の炊き合わせ
椀物(ゆず入り豆腐と柿葛そば入り)
日野菜漬
古代黒米ご飯
豆乳入りゆずゼリー


うっひょ~。豆腐好きにはたまらん内容です。
本当に豆腐尽くしです。

特に、湯葉と生麩がダイスキなので、私。
じゅるじゅるじゅる。( ̄¬ ̄)

「興福寺」でカメラを落とし、
その後も無事に使えたので安心していたら、
お料理を目の前にして、いきなりデジカメが動かなくなってしまいました・・・。

というわけで。
お庭の写真からは携帯カメラです。
それも、性能の良い、妹の携帯で撮ってもらっていたのですが、
途中で電池切れ・・・。
カメラが壊れたことよりも、写真を撮れないコトのほうがショック~

↓焦って撮ったので、豆乳・大豆含ませ・おぼろ豆腐 の写真がありません。
そして途中から、驚くほど、画質が落ちます・・・。クスン。





私はカフェでランチ~。と思っていたのですが。
妹に、「ごはんが食べたい!」と一蹴されてしまったので、豆腐に決定したのです。
でも。
かなり正解でした♪

どのお料理もおいしい~。
豆乳湯豆腐に柚子胡椒と割り醤油で、豆乳もおいしく頂きました。

食べている途中に、
妹は「生麩田楽おいしかったねぇ・・・」
って、あんた、まだ他の料理を食べてる途中なのに・・・。

量がいっぱいで、食べきれないかと思いましたが、
ペロっと最後の黒米ご飯まで全部、食べちゃいました~。
んー。豆腐だから、お腹に溜まらないのでしょうか?


「12:20までに終わってください」と言われていたので、
12:10頃に出ると、たくさんの方が玄関で待っていました。
12:30からの予約の人?かと思うのですが、
やっぱりすごい人気なのですねぇ・・・。


copyright (C) 京都奈良もスキだけど、海外旅行もスキ。 all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。