京都奈良もスキだけど、海外旅行もスキ。
京都&奈良を中心に巡る神社仏閣。おいしいモノ。そして時々海外に現実逃避旅。
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
御朱印-法輪寺
2006年 11月 30日 (木) 20:29 | 編集
法輪寺の御朱印です。

久々の御朱印?
墨が薄いです・・・。




御朱印を頂くために、神社仏閣めぐりをしているわけではないのですが、
入るのが躊躇われるお寺に入るのも、御朱印を頂くため・・・。

そう思うと、いつもなら行かないお寺に入るのも、
新たな仏像との出会いがあっていいかもしれません。


↓ポチっと応援お願いします♪

スポンサーサイト
御朱印-中宮寺
2006年 11月 30日 (木) 20:23 | 編集
中宮寺の御朱印は、
書いてあるモノしかありませんでしたので、
拝観受付時に、頂きました。

個性的な筆跡です。




「このお寺は、亀が御本尊?」
と妹に聞かれ、
そんなわけないやん。と返事したのですが、
亀の御朱印じゃないですか~。

かわいい~。


↓ポチっと応援お願いします♪

御朱印-法隆寺
2006年 11月 30日 (木) 20:16 | 編集
法隆寺の御朱印です。

「これは、○○○と書いています」と説明して頂いたのですが。
コロッと忘れちゃいました




御朱印、うっすー。
おじいちゃん、ちゃんとインクつけといて欲しかったわ・・・。


↓ポチっと応援お願いします♪

11/26 斑鳩 法輪寺
2006年 11月 29日 (水) 21:10 | 編集
中宮寺を出たら、10時半。
え~。ひとりで時間を気にせず、思う存分満喫。とか言いながら・・・

見終わるの、めちゃ早っ!!

うぬー。予定ではこのあと、お昼ごはんだったのに・・・。
時間調整に、「遠くてちょっと大変。」と最初はやめようと考えていた、
法輪寺」に歩いて向かうことにしました。

が。
これが。
他に歩いている人、誰もいません。
地図を見ながら進むも、
「まだ着かへんの!?」と思ったトコロは地図上ではまだまだ全く手前。

うー。しくしくしく。
途中、池のほとりで、挙動不審に休憩。

法隆寺から、法輪寺、または法華寺に向かうタクシーにがしがし抜かされていきます。
歩いている人なんて全然いません。
おかしい。
歩くコースとして、ガイドブックに載っていたのに。
なぜ、誰も歩いていないの?

途中の斑鳩の田園風景も、田舎モノにはなんの新鮮味もありません

「まだまだ先かなー・・・」と思いながら歩きだすと。
あ!三重塔!



なーんだ。すぐそこだったんだ。ウヒヒ。
ちょっとやる気が出てきました。

門を入ると。
拝観受付には誰もいません。
拝観料と御朱印は講堂内で。と書いてあります。



ってことは、
三重塔を見てる限りは拝観料要りませんね(笑)
斑鳩三塔のひとつですが、昭和19年に落雷で焼失したそうで、
昭和50年に再建されました。
あらあらまあまあ。以前は国宝だったのに、と思うと残念。

講堂に入るのどうしよっかな~。とまたもや悩んで、
せっかくここまで歩いてきたんだから。
と入ることにしました。

案の定、拝観客、誰もいません。。。

受付で、拝観料(¥400)を払い、御朱印をお願いして、
仏像を拝見します。

中央の十一面観音が、目が大きくて、ちょっと怖い。
仏像、飛鳥時代とか平安時代の作なのに、国宝がなかったのが、残念。

手が触れられるほど近くに安置されていた、聖徳太子の像。
二歳像と十六歳像がありましたが、
二歳像、今までにいろんなところで見て、こちらで4体目くらいな気が。
どこの二歳像も、同じお顔で、2歳とは思えないほど、賢そうです。
ヒトケがないので、小脇に抱えて持って帰れそうです。
って、無理ですからね・・・。

こちらの講堂だけで400円・・・
と思ったら、
仏像見ながらぐるぐる何度もまわってしまいました

私が外に出ると、入れ替わりに何組か拝観客が来ていましたが、
法隆寺を拝観したあとのコースになるので、みなさん、遅めの時間に来られるのカモ?



↓ポチっと応援お願いします♪


11/26 斑鳩 中宮寺
2006年 11月 28日 (火) 22:19 | 編集
法隆寺夢殿の奥に位置する中宮寺
中宮寺は「世界三大微笑」のうちのひとつだと言われる
「如意輪観世音菩薩半跏像」が本尊です。

世界三大微笑・・・?
他の2つは、エジフトのスフィンクスと、レオナルド・ダ・ヴィンチ作のモナリザ、だそうで。
初めて聞きましたケド。

それとも訪れるまで中宮寺自体知らなかった私が、無知なだけ~?
っていうか、スフィンクスは微笑んでいるんだー。へー。

とかいって。
中宮寺の半跏思惟像は確かに、ステキに微笑んでらっしゃいました。
右足を左膝の上に置いて、右手の指先が頬に触れるポーズがステキ。
ムフ。




本堂の中に入ると、畳敷きなので、
半跏思惟像の前に座り、テープで流れる説明を聞きながら、
じっくりと、半跏思惟像を拝見できます。

今まで見てきた仏像と違って、黒く光るその姿は、
1300年以上も前の飛鳥時代に作られたとは思えない輝きです。

ああ、うっとり~。

でも、こちらのお寺はこれくらいしか見所がないですかね。



↓ポチっと応援お願いします♪


11/26 斑鳩 法隆寺
2006年 11月 26日 (日) 22:37 | 編集
今日は朝から曇り空で、いつ雨が降ってもおかしくない、どよーんとした状態。
おまけに、妹が土日と旅行なので、
気が乗らないけど、ヒトリで、斑鳩に行ってきました~。

1人、寂しいなー。とおもいつつ。
お寺に泊まる京都散歩」という本に、
オキテとして「お寺旅はひとりに限る」と書かれてあるので。
時間に縛られず、気の向くまま「ひとり歩きの醍醐味」を味わおうかと。
そして 「ひとりで人生を歩くトレーニング」 です。

っていうか、「トレーニング」と思わないといけないくらい、
ひとりで出歩かないんですよねー、私ってば。


近鉄筒井駅から、王寺駅行きのバスに乗って、
9時過ぎにバス停「法隆寺前」で降りました。
他の数人の人たちとなんだかツアーのように、着かず離れず、法隆寺へ向かいます。

↓南大門



↓向こうに見えるのが東大門。それにしても、広い。
東大門の向こうには、夢殿があります。



↓中門 奥には五重塔。
金剛力士像がかっちょいい。
他の寺の金剛力士像の見本らしいです。



↓グフグフグフ。
「世界文化遺産」の石碑です。



紅葉の名所一覧を見てみても、斑鳩のお寺が紹介されていることがなかったので、
法隆寺で紅葉は期待できないのかなー・・・と思っていましたが。
ちらほらと、カエデの木がありました。
↓んで、真っ赤。というか、濃い茶色?



アッ。五重塔の北側に安置されているナニかを見るの忘れてしまいました。

金堂には釈迦三尊、薬師如来像、阿弥陀如来像、が安置されていますが、
真っ暗でよく見えません
懐中電灯で照らして頂けるのですが、
ああ、自分で懐中電灯持って、思う存分眺めてみたい・・・なんて思ったりする。




↓大講堂。薬師三尊、四天王像が安置されています。
こちらは明るくて拝しやすい。ウフー。



↓あにゃ。
なんだろこれー。と思ったら。
正岡子規の句碑でした。
「柿食へば鐘が鳴るなり法隆寺」です。
当たり前にみんな知っていると思っていたら、こないだテレビでクイズになってて、
みんなあんまり正解してませんでした。。。



↓御朱印を頂ける聖霊院の横のモミジ、超!キレー♪



そして、大宝蔵院で、仏像をたんまり堪能。
でも、ツレがいないと、
「体のバランスがおもしろい」とか「手がデカイ」とか「目が開いてこっちを見てる」とか言い合えないのがつまんない・・・。

夢殿は、秘仏「救世観音」が安置されているのですが、
期間限定公開が11/22で終わってました。ぐへ。来るのがちと遅かったです。




天気が悪いからか、
いつもこんななのか、
それとも法隆寺が広すぎるからか、人が少なかったです。
団体ツアー1組だけがいて、時々、群れに混ざってしまって、焦りました・・・。

さて。次はお隣、中宮寺。



↓ポチっと応援お願いします♪


11/18 京都 ル・プチ・メック再び
2006年 11月 25日 (土) 23:53 | 編集
「あのパン屋」とは「Le Petit Mec ル・プチ・メック」です♪

2週間前に訪れてから、すっかりここのパンのとりこです。ウヒ~。
でも、再びバスに乗って、最寄のバス停で降りた頃には暗くなってしまいました。



お店の中に入ると・・・

すいているけど、パンもない~!!
ガビーン。
パン置き場はガラガラで、一部のパンがぽちーん。と残るだけ。。。

あうあうあう。
仕方ないので、残っているパンからありったけ、買いました。

↓ 左)カスクルートのツナサンド(¥300)  右)チキンサンド(¥280)



カスクルートのサンドイッチはもうどんな具が入っていても、パン自体がおいしい~。
カスクルート単品(¥90)も買いました♪
チキンサンドにはオリーブのソース(たぶん)がたんまり入っています。

↓ 左)ミートソースの惣菜パン 右)ジャガイモの惣菜パン 
(どっちかわからないけど¥230と¥200)



絶賛されている方がいたので、ぜひとも食べてみたかったのですが。
ジャガイモのほう・・・味薄いです。
薄味妹が言うので間違いないです。
ミートソースのほうは、おいしかったです。
でも、パンがなんか今まで食べたことない不思議なかんじ。

写真にはないけど、他に カレーパン1号(¥150)も。
かなり辛かったです
といっても、他の人には対したことはないのかもしれないけど、辛さに弱いので
辛くて辛くて、食後に「出町ふたば」の豆餅で中和させました。
あ、でもおいしかったです

今度は、パンがいっぱいある早い時間に行って、
ハード系のパンをいっぱい買うぞー。オー。


ル・プチ・メック
京都市上京区今出川大宮西入ル
8:00~20:00
定休日=月・火・水・木曜日



↓ポチっと応援お願いします♪


11/18 京都 加茂みたらし茶屋
2006年 11月 24日 (金) 23:41 | 編集
みたらし♪ みたらし♪
と、目指すは、
「加茂みたらし茶屋」です。

通りの反対側から確認すると、
お店の外に待ち人が・・・。

混んでます・・・。

んでも、みたらしだんごを食べる気まんまん なので、
並ぶ気で向かいます。
着く頃には、お店の外に並んでいた人も店内に入っていました。



お持ち帰りと席待ちの人が1列に並んでいて、
なんだかごちゃごちゃしています。

ごちゃごちゃついでに、後から来た人に、抜かされてしまいました

エッエー。

「お待ちください」って店員も私に言ってたのに、
「ココいいですか?」って言った後から来た人に、「はい、どうぞ」とか言ってます。
そりゃあないよ~。

「先に待ってたんですけど」と言って席を替わってもらいましたが、
なんだか後味悪い。

お持ち帰りと席待ちが同じ列っていうのもわかりにくくて、
なんだかな~とおもいつつ・・・

みたらしだんご3本(¥400)を注文。




うひー。
お店で温かいみたらしを食べられるのがうれしい~。
今回始めて食べたくせに、なんだか、私の中のみたらしの王道。というかんじです。

1串5個も刺さってて、計15個、堪能♪

1列に並ぶ人の列がお店の外に出だしたので、
食べ終わると早々にお店を後にしました。

外に出ると、本格的に雨が降り出してきました。
雨が降りそうだったので、神社仏閣めぐりを先にすませて、
買い物を後回しにしたので、次はあのパン屋さんへ向かいます。


↓ポチっと応援お願いします♪


御朱印-下鴨神社
2006年 11月 24日 (金) 23:23 | 編集
下鴨神社の御朱印です。

下賀茂神社?
下鴨神社?
どれが本当なのか、イマイチ分かってなかったりして。てへへ。

アレ?
「賀茂御祖神社」?

これが正式名称のようです。



右上の緑色のはっぱの御朱印、かわいい!
あ。緑色は赤色じゃないので、朱印とは言わないですか?

それにしても、
京都は、奈良に比べると、御朱印がしがし貯まります。
1日に訪れる神社仏閣の数が多いからなのですが、
それだけ、密集して近いところにいっぱいあるんですよね。

あと、奈良のように仏像がたんまりあるとうれしいんですけど(笑)


↓ポチっと応援お願いします♪


11/18 京都 下鴨神社
2006年 11月 23日 (木) 20:37 | 編集
バスに乗って、下鴨神社へ向かいます。

バス停「下鴨神社前」で降りたら、
参道をすっかり飛ばしたワープしたようなところに着きました。

世界遺産の「糺(ただす)の森」が気になったけど、
まったく通りませんでした。ちと残念。

結婚式が終わったところか、
↓この奥で記念撮影してました。




花嫁さんが、学生時代の友人にとっても似ていて、
「ん?本人?」かと思いましたが、
近所の子だったので、さすがに京都で式をしているとも思えません。

御手洗川にかかる橋は急カーブすぎて、
本当に歩けるのか、かなり疑問です。



御手洗川といえば・・・。

みたらしだんご~!

雨がポツポツと降ってきたので、
さっさとみたらしだんごを食べに向かうことにします。

んーっと。
こちらの神社、御朱印を頂いただけで、あんまり堪能してません



↓ポチっと応援お願いします♪


11/18 京都出町柳 出町ふたば
2006年 11月 23日 (木) 20:24 | 編集
さてさて。
次の目的は。

出町柳にある「出町ふたば」の豆餅です♪

「出町ふたば」の豆餅は、わたしのなかでの豆大福ナンバー1!なので、
京都に訪れるときに、都合がつけばぜひとも行きたいお店なんです。

で、次の目的地を下賀茂神社と決めて、
途中の「出町ふたば」に寄り道です。ウフウフ~。

お店の前はやっぱり、行列・・・。

でも、テキパキと何人もの売り子さんがさばいてくれるので、
意外と早く購入できます。

なぜかお店の前の歩道にイスが置いてあったので、
妹はちゃっかりそちらに座って、
私が列に並んでいるあいだ待っていました。
ハテ。なぜ、あんなところにイスが??

↓豆餅(¥160)



ウヒー。
塩味が効いててアンコの甘みとのハーモニーがとってもおいすぃー。

↓栗餅(¥170)



栗がゴロンと入っています♪
秋限定~。
(でも、見た目はそんなにおいしそうじゃないけどね・・・ボソッ)

↓あんこ抜き豆餅(¥130)



あんこ抜きって!? と気になって買いましたが、
そのまんま、豆餅の外側のお餅ダケ。でした。
やっぱりアンコ入りのほうが、おいしい・・・というか、「うれしい」です。



↓ポチっと応援お願いします♪


御朱印-三十三間堂
2006年 11月 23日 (木) 20:20 | 編集
三十三間堂の御朱印は。

本堂の真ん中らへんにてお坊さんが書いてくれましたー。

私らが御朱印を書いて頂いていたら、
後ろにわらわら人が集まって覗き込んでいきます。

でしょでしょ、ちょっと興味が湧くでしょ~。
これを機に、御朱印集めてみてください♪




そういえば。
京都って御朱印書くの素早くないですか??
奈良と違って、ハイテンポー。
ちゃっちゃと書かないと、お客さん多そうだしね。

三十三間堂の御朱印帳は、本堂のイラストが表紙に書いてあって、
今の御朱印帳が終わったら、ぜひとも次に使いたい!
でも、そのときまた、拝観料を払って入らないといけないんだよね~・・・。

買っとけばよかったカモ。



↓ポチっと応援お願いします♪


11/18 京都 三十三間堂
2006年 11月 22日 (水) 21:22 | 編集
お腹もいっぱいになったことだし。
テケテケ、三十三間堂に向かいます。

他よりちょびっと高い拝観料(¥600)を支払い、中に入ります。

三十三間堂は、お堂とか庭とかより、
なにより、仏像! を拝見するのがメインです。
(とかいって写真がしょぼい言い訳~?)

靴を脱いで、本堂の中に入ると、
ズラーッッ!! と、
1001体もの、十一面千手観音が整然と並んでいる様は圧巻!

1001体それぞれにお顔は違うと言いますが・・・
ひとつひとつ眺めるといっても、10列並んでいるので、
前2列を除いて、後ろのほうははっきりとはわかりません・・・。

中央のおおきな観音さまを挟んで、左右に500体ずつ・・・
って、もう1体はドコ?!
と、思ったら、おおきな観音さまの背後にありました。

横にいたツアーガイドさんの話を小耳に挟んだところ、
「背後にいらっしゃるのは珍しいんですよー」とのこと。
フムフム、なるほど。

1001体の手前には、
雷神像、風神像、観音二十八部衆像、がずらーっと並んでいます。
ことごとく、国宝で、
千手観音さまをまもるインド起源の神々は、今までにみたことのない
神様だったりして、興味深い。

じっくりゆっくり仏像を眺めていたら、
最後らへんでは、ドッと疲れました。
だって、仏像の数がおおいんだもんー。

最後らへんに聞いた、おばちゃん姉妹の会話。
「あの背中から出てるのは腕やで~」と教える妹。
え?え?
えっとー。既に900体くらいは見たあとだと思うんですけど、
今まで一体ナニを見ていたの??
というびっくり発言してました・・・。

↓長ーーーい、本堂。歩くの大変。



↓なんか、三十三間堂っぽくないお庭です。



あまりに寒いので、外に出て、
京阪七条駅に向かう途中のコンビニでカイロを買いました。

11月で既にカイロをお腹に貼る女・・・ 



↓ポチっと応援お願いします♪



11/18 京都 まんぞうハーツ
2006年 11月 21日 (火) 20:29 | 編集
バス停「泉涌寺道」まで下りてきて、
バスが来るのを待ちます。
京阪東福寺駅から電車に乗ってもよかったんだけど、
もう歩くのしんどいので・・・。

バスに乗り、「東山七条」で降りました。
向かったのは、イタリア料理の「イル・パッパラルド」
が。12時を過ぎていたので、お店の前には長い行列が・・・

やんぴ。
・・・くるっ。ときびすを返して、ちょうど来ていたバスに乗って、
「七条京阪前」でバスを降りました。

次に目指したのは、バス停すぐ近くの
まんぞうハーツ」というお店。

ん?居酒屋?という店構え。
メニューを見るとうどんが食べられるので、ま。いっか。と入りました。

って、パスタがダメなら、うどん。って・・・。
麺好きなもので(*≧◇≦)



↓「いっしょうけんめん」(¥880)


ネーミングがステキ★
ぶっかけうどんに、きつね・えびの天ぷら・山菜・湯葉・大根おろし・生姜、が入って、具沢山です。
食べる場所によって、いろんな味が楽しめる~。
でも、このぶっかけ、妹にはかなり味が濃かったようで。

↓「きなこ釜揚げ天ぷら」(¥950くらい?)って名前だったかと・・・。


きなこって名前がついているからには、きなこうどんかと思うのですが。
見た目、「きなこかな?」という茶色いつぶつぶ入りですが、
味はわかりませんでした・・・。

いっしょうけんめんの天ぷらもそうなんですが、
天ぷらが、めちゃめちゃサクサクでした。
汁につけても、ふにゃふにゃにならずサクサク・・・。
おいしいけど、摩訶不思議。

でも、手打ちうどんだからか、
出てくるのに、すっごい時間掛かりました

あげく、後からきたおっちゃんのほうが先に出てきてました。
それもおんなじ釜揚げうどんが・・・。くすん。


東福寺に午前中行ったあと、どこでお昼ごはんを食べようか迷ったのですが、
ごはん食べてて、お寺巡りの時間のロスになるのもイヤだったのと、
次に三十三間堂に行きたかったので、
七条付近でごはん屋さんを探しました。

結果は、おいしかったので、満足です♪
でも、四条あたりのほうが気になる店がいっぱいあるんですよねー・・・。



↓ポチっと応援お願いします♪


御朱印-泉涌寺
2006年 11月 21日 (火) 19:53 | 編集
泉涌寺、本坊で頂いた御朱印は、
若いのに、達筆なお坊さんに書いていただきました。




達筆すぎて、なんて書いているかわかりません。。。
左側は「楊貴妃観音」でお願いしたので覚えているんですけど・・・。



↓ポチっと応援お願いします♪

 
11/18 京都 泉涌寺
2006年 11月 20日 (月) 21:31 | 編集
泉涌寺参道に入ってから、2寺寄り道もしたけれど、
40分後、ようやく泉涌寺に到着・・・。長かった。

泉涌寺に拝観料500円を払って入ると、
左手に、楊貴妃観音が祀られているお堂があります。
入ると、楊貴妃観音に群がる人がいっぱい~。
「よ、楊貴妃??」と
おきれいだけど、エキゾチックだけれど、
楊貴妃に思えなくもないけど、
「そうかー??」と思っていると。

おばちゃんが、
「楊貴妃によう似てるわー」
「べっぴんさんやわー」と声高々にツレの人に言っています。

「このおばちゃん、楊貴妃見たことあんのか・・・?」
と思いつつー。
ひげを生やした楊貴妃ってどうよ・・・。

別の仏殿には釈迦・弥陀・弥勒の三尊仏がいらっしゃいます。
お堂は大きい割りに、
こじんまりとした三尊仏。
お堂の中も、暗くてとっても地味です。



御朱印を頂こうと、本坊へ入ると。
御座所と庭園は別料金で300円必要です。
うっ。どうしよう・・・。
と、入るのを躊躇ったのですが、せっかくなので入ることに。

皇室ゆかりのお部屋を拝見した後。

ぬおーっ。庭園、めっちゃ見頃です!





うっとりー。
やっぱ、日本のお庭はいいですね~。
青々してても、それはそれで美しいけれど、
色がついていると、引き込まれるものがあります。



300円払った甲斐がありました・・・!!
モト取った!ってかんじ・・・。


↓ポチっと応援お願いします♪




御朱印-今熊野観音寺
2006年 11月 20日 (月) 18:05 | 編集
こちらの御朱印は何種類もあったので、頂くデザインに迷いました。

で。
迷った結果。
「ぼけ封じ観音」を頂きました

「その年で『ぼけ封じ観音』・・・。今からお願いしてれば大丈夫!」
とか言われちゃいました。アハハー。




だって。
部屋にモノを取りに行って、入った途端ナニを取りに行ったか忘れるような脳みそだし・・・。
今から心配(笑)



↓ポチっと応援お願いします♪

11/18 京都 今熊野観音寺
2006年 11月 20日 (月) 18:00 | 編集
戒光寺を後にし、目指すは泉涌寺。
でも・・・なかなか到着しない。

と、思ったら。
ん?左手に、行こうと思っている「今熊野観音寺」があるようです。
んじゃあ、そっちに行こう~。と、また寄り道。

・・・ハテ。参道に誰もいない。



この道の周りの木はもみじだったので、
まだ全然赤くなっていないけど、赤くなったらきっとキレイなハズ~。

本堂の前はまっかっか~。
京都「秋」限定づくし」に載ってた写真っぽい~。
ま。写真の腕が違うけど。



閑散とした境内は
西国三十三所第十五番札所とは思えない・・・。

十一面観世音菩薩は弘法大師作だって。
なんか弘法大師縁のお寺をよくまわっているような気がするのは、
それだけ弘法大師が大活躍してたってことですかね?



↓ポチっと応援お願いします♪



御朱印-戒光寺
2006年 11月 19日 (日) 20:43 | 編集
受付にて、女性の方に書いていただきました。

「丈六さん」がいらっしゃるので、
「丈六殿」です。




受付では、
通常無料で頂けるパンフレットが100円で売っていました。
3つ折りのちいさなパンフレットが。
よっぽど渡したくないんだな・・・と思いつつ。
もちろん買いません。ハイ。



↓ポチっと応援お願いします♪


11/18 京都 戒光寺
2006年 11月 19日 (日) 20:03 | 編集
東福寺を出て、次は泉涌寺へ向かいます。
バス停が微妙に遠くて、歩くしかないようで、
坂道をとぼとぼ歩いて向かう途中、タクシーに追い越される度に、
「乗りたい・・・」とのたまう妹。

確かに延々と続く泉涌寺参道です。
ずっと歩き続けもなんなんで。
途中、入りやすそうな泉涌寺塔頭 「戒光寺(かいこうじ)」に
フラフラフラーと入ってみました。



なんとなんとー。
こちらのお寺には、
予想外に ドでかい釈迦如来「丈六さん」がいらっしゃいました!

フツウの大きさのお堂の中に入ると、
仏像の胸のあたりまでしか拝せません。
アレ?
と、まん前まで近づいて初めてお顔まで拝することが出来ました。
ヒャー。大きい。迫力~。

拝観無料なのに。
お像の高さ5.4m。鎌倉時代の有名な仏師作だそうです。

さすがに、こんなにすごい仏像を拝見して、
タダ見も出来ないので、
お線香と蝋燭をお供えしました。

ついでに、タダで頂けるお茶も頂きました。えへ。

家に帰ってから、「お寺に泊まる京都散歩」を読んでいると、
なんとなんと! 筆者の吉田さらささんも、こちらの丈六さんがお気に入りらしいのです。
ひょー。拝してよかった。

そう思うと、
ついているというか。
丈六さまに呼ばれた気分です。ウフ。



↓ポチっと応援お願いします♪


御朱印-東福寺
2006年 11月 19日 (日) 19:31 | 編集
東福寺の御朱印は・・・
紅葉シーズンで混んでいるからか、いつもなのかはわかりませんが。

ハンコでした。

御朱印3つを一度のハンコと。
「参拝 大佛宝殿 東福寺」を一度のハンコ。
私たちが最初にお願いしたみたいで、
日付を書くための筆ペンのインクが出ない~。とあたふたされてました




っていうか、インク薄いッス・・・。


↓ポチっと応援お願いします♪

11/18 京都 東福寺 方丈庭園
2006年 11月 19日 (日) 19:01 | 編集
次は 東福寺 方丈庭園に拝観料400円を払い、入ります。
こちらは、通天橋とは違い、人も少なくじっくりと拝見出来ます。

東福寺の方丈庭園は昭和に作られたそうですが、
鎌倉期の手法を用いているので、龍安寺に劣らず、見ごたえのある枯山水だと思います。

庭園はたくさんあれど、方丈の四方に庭園があるのは、東福寺だけです。

わたし的には、この南庭の枯山水、お気に入り~。
よくある、石と砂紋だけの枯山水では少々物足りなかったんだけど、
こちらは苔地で5つの築山を作ってあり、
「苔地と砂紋が斜線で区切られた思い切った表現法」がステキ~。



庭が大きくて、写真に納まりません
これはその場で実際、見たほうが全然いいですねー。



↓西側の庭園の大市松模様



↓北側の庭園の小市松模様



モコモコモコモコと苔で作られた市松模様がかわいい~。
でも、北側で太陽が当たらないので、寒かった・・・。
板張りの廊下も冷たくって足が冷えるし・・・。
今度からはスリッパ持参しよ。

↓東側の北斗七星


北斗七星をイメージされているそうですが、
北斗七星の並び方ってのがわからない・・・。



↓ポチっと応援お願いします♪


11/18 京都 東福寺 通天橋
2006年 11月 19日 (日) 17:41 | 編集
気付いている方はあまりいないかと思いますが。
毎週日曜日に神社仏閣めぐりをしている私たちです。

ですが、今週に限っては日曜日は雨が降って寒そうだったので、
土曜日に ↓「京都「秋」限定づくし」を参考にして、 「紅葉狩り」 してきました


京都「秋」限定づくし

東福寺→泉涌寺→今熊野観音寺 のコースです。
とかいいつつ・・・。
まだ「見頃」には早かったですが

まず、8:30から入場できる東福寺に行くため、
朝8時過ぎに京阪東福寺駅に着きました。
「早すぎて、イチバン乗りかな~」なんて言っていたのですが、
臥雲橋(がうんきょう)には既に人がいっぱい。

ちょーど逆光で、めちゃめちゃ眩しい上に、写真もきれいに撮れません・・・。
↓しょうがないから帰りに臥雲橋から通天橋(つうてんきょう)を望む



臥雲橋を通り過ぎると、東福寺では、入場待ちの長蛇の列が・・・・。

ガーン。恐るべし、紅葉パワー
バスツアーの団体もあちこちからどんどん集まってきます。

列に並んで、拝観料を払った横で、ハンコの御朱印を頂きます。
入ると、早速、通天橋です。
既に、臥雲橋を正面に望める物見台は人、人、人・・・。
後ろからピョコピョコ覗いてみたり、空くのを待ちつつ、景色を眺めます。



臥雲橋、通天橋はそれぞれ西側、東側から、
同じ渓谷「洗玉澗(せんぎょくかん)」を眺めるのですが、
通天橋から眺める方がより紅葉が進んでいるようです。
まだまだ青い木もたくさんありますが、これでも満足出来るほど、充分キレイです。

歩く順路がわからない・・・
と、モミジに惹かれるように、洗玉澗への階段を下りました。



モミジの真っ赤もいいけど、黄色い落ち葉も秋っぽくていいですね~。



アレ?
流れに添って歩いていたら、入口の隣にある出口に来てしまいました。
出口横のトイレの前のモミジは真っ赤~。



まだ、開山堂に行ってない・・・。
と。再び通天橋を通り、今度は渓谷への階段を下りずに、開山堂へ向かいます。
お堂の前は、左側に市松模様の砂の庭園。右側に池を囲んだ緑の庭。




市松模様の砂を形成するトコロを見てみたい・・・。
整然と形作られているので、気になります。



開山堂の中は「紅葉」とは無縁で、これはこれで、趣きが違ってよいかんじです。
砂の庭の横には座れるスペースがあるので、休憩も出来るし。

私も休憩・・・と思ったら。
妹に「次を急ぐから、まだ休憩しない」と言われました。シューン。

帰り道、再び迷った私たち。
駅に近い出口に出るか、先ほどのトイレ横の出口に出るか。
次は方丈庭園に行きたいので、
トイレ横の出口のほうが近いんで。

通天橋を逆行し、入り口の横にあった出口から出ました。

方丈庭園に行くのであれば、
通天橋→開山堂→戻って、洗玉澗→出口
というルートがよいです。

まあ、ぐるぐる廻ったほうが、拝観料400円のモトを取れる気もしますが



↓ポチっと応援お願いします♪

御朱印-大野寺
2006年 11月 19日 (日) 14:25 | 編集
せっかく、なにも見所がないお寺のなかに入ったのですから、
御朱印を頂きます。

ピンポーンと呼び出しをすると、
出てきたのはおばあちゃん。

オヨヨ。(って桂三枝・・・??)

でも、意外や意外~。
かわいらしい御朱印とステキな字でした。






↓ポチっと応援お願いします♪



11/12 桜井 ベーカリーレスト茶々
2006年 11月 18日 (土) 23:42 | 編集
室生にいたくせに、
お昼ごはんは桜井市まで行ってしまいました。
後から、「ここまで行ったのなら、談山神社に行っておけば、紅葉が身頃だったかも!」
と、気付きました。うーん。計画性がないと色々後悔します。

訪れたお店は、以前、談山神社に訪れた際、
前を通って気になっていた
「ベーカリーレスト 茶々」です。



ベーカリーという名前どおり、パン屋さんです。
入るとパンを売っていて、
イートインにて、パンをその場で食べることが出来ます。
コーヒー&サラダ付きでパンの値段+450円。
うーん。パンだけじゃ、ちょっと物足りない。

と思ったら。イートイン用に、お料理にプラスでミニパンが食べ放題でした♪

ランチはお料理のお皿かパスタが選べます。
がっつり食べたかったので、私はお肉のお皿を頂きました。グフ。



「このランチは、ミニパンも食べれますか?」と尋ねると、
「全部、ミニパンが食べ放題です」という返事をもらったので、
ごはんを食べるとパンが食べ放題なのか、
コーヒーを頼むだけでも食べ放題なのか、
それはよくわかりません・・・。

食べ放題のミニパン、1人で6つも食べちゃいました
ベーコンエピと、デニッシュパンがおいしかった~。
お肉は、ビーフシチューなかんじで、まあ、フツウ。

妹が頼んだのは、ヘルシーランチ。
サラダとスープと小さな料理のお皿。

サラダのお皿が思ったよりデカかったです。
料理のお皿は、白身魚のカレー風味。
この日のパスタは「白身魚のカレー風味」だったような気がするので、
おそらく、おなじもののパスタ抜きかと。




パンが食べ放題の割りに、さらにコーヒーor紅茶付きでランチは800円程(値段忘れました)で、
すっごいお得!!なせいか、子供連れの家族が多かったです。

お母さんのお料理とパンを分けて食べれば、
パンをいっぱい食べて、お腹いっぱいになるもんねー。



↓ポチっと応援お願いします♪
御朱印-室生寺
2006年 11月 17日 (金) 20:50 | 編集
室生寺では、計3つの御朱印が頂けます。

が。
さすがに3つも頂いてもなー・・・と思って。

受付入ったすぐのトコロと。
奥の院と。で頂きました。
あともう1つは、本堂にて頂けます。

↓受付すぐのトコロの御朱印。



ステキ~。
御朱印もらった甲斐があります。ウフウフ。

↓奥の院の御朱印。


細かく丁寧に書いて頂きました。
奥の院への道中、一生懸命に石段を登ったのも、
この御朱印を頂くため・・・。
登った甲斐がありました。

私たちが待つ間、
前の方は、お守りを買ったときに入れる紙の袋に御朱印を書いて頂いていました。
ん?んん?
小さな袋に、これまた細かく書いてくれています。
お守りを買ったら書いてくれる、サービス?
それとも、「ここに書いて」と、
有名人にメモ帳とかへんなモノにサインをもらう人みたいなかんじ?

ウムー。サービスだったら、すんばらしいです。


↓ポチっと応援お願いします♪


11/12 宇陀 大野寺
2006年 11月 17日 (金) 19:28 | 編集
室生寺といえば、次に訪れるのは、大野寺。

室生寺最寄の電車の駅名が「室生口大野」なので、
「この大野って、ここの大野ね!」と今頃気付いたのでした。てへ。

大野寺前の駐車場に車を停め、箱に入山料を入れて、中に入ります。



ん?
どなたのおうち?
ってくらい、フツウでした・・・。
裸の桜を眺めながら、これが春だったら、どんなにキレイなんでしょう。と思いつつ。
桜が咲いていなければ、あまり入る意味はなさそうでした・・・。

だって。だって。
お寺に入らなくても、
宇陀川の対岸側の「弥勒磨崖仏」を望めるのですから



アレレ。肉眼だとはっきりくっきり拝見できるのですが、
写真だと、知っている人がそうだと思って見ない限り見えませんね・・・。




岩壁に、弥勒仏さまが彫られています。
高さ33mで、日本最大の線刻麿崖仏です。


そういえば・・・。
私、以前、この川で、弥勒磨崖仏の前で、BBQしたことがあります・・・。
そのときにはその存在を全く知らず、そして気付いていませんでした。
きっと、弥勒磨崖仏を拝観されている人たちはびっくりしたハズ。
うわっ。なんてバチあたりな・・・。

今頃ながら、反省しました。スミマセンでした。



↓ポチっと応援お願いします♪


11/12 宇陀 室生寺参道食べ歩き
2006年 11月 16日 (木) 20:37 | 編集
室生寺の前にはちょこっとお店が並んでいます。
駐車場とは逆の方向に進んでみると・・・

草もち 発見!



よもぎだんごの中にアンコが入っています。

私たち姉妹は、よもぎだんご好き。
「あんこ抜きって出来ますか?」と聞くと、
「出来ます。」と言われたので、
通常のあんこ入り3つ と あんこなし3つ(¥550)をお願いしました。

お店の前でだんごを作っているのですが。
「あんこなし」の作り方を見ていると・・・。

よもぎもちのなかに、これまたよもぎもちをあんこっぽく丸めて、
入れて、形成しています。
プププ。
おもしろい作り方です。

↓あんこ入りには目印にあんこを乗せてくれました



なぜにあんこなし? かというと。
よもぎ餅に砂糖をつけて食べるんです~。
↓トースターでちょいと焼きました。



しっかりとよもぎの味がして、
小さいながらも、おいしい。そして安い♪


次に見つけたお店は・・・。
キャー。よもぎ入り大判焼です。



よもぎ入りなんてみたことなくて、うれしくって、
1個(¥80)を買って、2人で半分こしました。

生地がよもぎ色です。
長時間保温続けているため、表面パリッパリ。
あんこがデロデロ出てきてしまいました。
ま、これはこれでおいしいです。






↓ポチっと応援お願いします♪



11/12 宇陀 室生寺
2006年 11月 14日 (火) 21:35 | 編集
奈良県宇陀市室生区にある、
室生寺 に行ってきました。

山の中なので、一足早く紅葉が進んでいるかな??
と、向かったですが・・・。

寒い!!!

先週までとは打って変わった寒さ。
途中、雨も降ってきて、「帰る?」と相談したりもして、
せっかくだから行くことに・・・。

室生寺は 真言宗 室生寺派 の大本山で、
同じ真言密宗でも、こないだ行った高野山はもともと女人禁制だったのに対して、
こちらの室生寺は女性の参拝OKだったので、「女人高野」と呼ばれています。

入った途端、すっごい真っ赤です~。
仁王門の手前のモミジはまっかっか~。キャ~



↓仁王門に近づいてみました。 赤色と青色の仁王さま、迫力。



↓入り口すぐのおトイレと喫煙所から望む紅葉がキレイでした。
木は、1枚目の写真の木とおんなじだけど・・・。



さてさて。お目当ては仏像です♪

以前、数年前に訪れたときには興味なく素通りしたような気がする
国宝の金堂の中には、
釈迦如来 十一面観音菩薩 薬師如来 地蔵菩薩 文殊菩薩
十二神将の内10体 が並んでいます。

これが。
お堂の外から覗き見るので、大変、見難いんです。
んでもって、外の通路が細いんです。
ついでに、扉が外開きなので、通路にはみ出ていて、より狭いんです。

なので、お仏像を拝見しようとする人でごった返して、
ゆっくりじっくりも眺められないし、
屈まないと、お顔まで見えないし、
立ち位置を変え、キョロキョロキョロキョロ 動かないと、ちゃんと見えない。

ムキー!!!

不完全燃焼。。。
ぜひともお堂の中に入って、座ってじっくり眺めてみたいもんです。



ちょっと山を登るので。
上のほうが紅葉が進んでそうなものなのに。
本堂の前のモミジは一部赤いけれど、青々としています。ガクッ。



日本最小の野外の五重塔です。
「最小」を前面に押し出してるあたり・・・ププ。
8年前の台風でどえらい壊れたらしいですが、
2年で修復されました。早っ。2年って素早くないですか?





五重塔のあとは、奥の院です。

延々と続く石段を登っていくのですが、
これまた、キッツイ階段です

何度も休憩し、
おっちゃんおばちゃんに抜かされながら、なんとか登りきりました。

下りたときには、ひざが笑ってましたけどね・・・。




こんな階段を登ったにも関わらず、やっぱり寒かったです・・・。

紅葉を見ようと思ったら、この寒さに打ち勝つのは当たり前なんでしょうか (>_<)



↓ポチっと応援お願いします♪



11/11 津 T2の菓子工房
2006年 11月 13日 (月) 20:27 | 編集
土曜日ですが。
ちよいと三重県津市まで行く用事があったので。

気になるケーキ屋さん 「T2の菓子工房」 へ行って来ました!

夕方行ったのに、結構品揃えがよくって、
「ケーキ残ってなかったらどうするよ!?」と言っていたのは取り越し苦労で終わりました。



↓ 左)モンブランローズチョコレート(¥420)  右)和栗モンブラン(¥420)


↓ 左)プリンタルト(¥420)  右)タルトフロマージュ(¥368)




モンブランローズチョコレート。
チョコレートで薔薇を形取っています。すごい。パチパチパチ。
職人技ですね。
名前の通り、栗&チョコです。
食べると、最初に栗の味がするんだけど、その後は、濃厚チョコレイトです。
見た目だけじゃなくって、美味しいです。

和栗モンブランは期待を裏切らず、おいしい!
スポンジの上に生クリームと栗クリームが乗っているので、
ちょっと栗栗しすぎている気もするけど・・・。

細長ーいカットケーキは、食べやすいことが判明!
フォークでさくっと切って、ぱくっと食べられる。
多分、都会のおしゃれなケーキ屋さんでは既にあると思うけど、
私、今回始めてなので、ちょい目からウロコ


シュークリームはちっちゃいサイズなんだけど、カスタードたっぷり~。
カスタード好きには堪りませんわ。




夕方ながら、ケーキを買う人がショーケースの周りに集って、
ケーキがなかなか見えない混雑でした。。

時間があれば、カフェでその場でケーキを食べたかったんだけど、
津付近に行くことがあれば、次回、行きたいです

T2の菓子工房 ハーバー店
三重県津市柳山津興384-2
ショップ 9:00~20:00
カフェ 10:00~19:30




↓ポチっと応援お願いします♪
copyright (C) 京都奈良もスキだけど、海外旅行もスキ。 all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。