FC2ブログ
京都奈良もスキだけど、海外旅行もスキ。
京都&奈良を中心に巡る神社仏閣。おいしいモノ。そして時々海外に現実逃避旅。
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
1/21 京都 高台寺
2007年 02月 10日 (土) 21:15 | 編集
「かさぎ屋」を出て、二年坂を下り、
真っ直ぐ進んだ先に「高台寺」の入り口がありました。
んー?
広い駐車場を抜けようとすると。
なんだこりゃ。
でっかい観音さま。



古くて歴史のあるお寺や仏像なら、
宗派にこだわらず、いろいろ観ているのですが、
新しいと新興宗教のニオイを感じてしまいます。
怖くて、横目でチロ見して、通り抜けました。

後から調べると、こちらは「霊山観音」
昭和30年に作られたコンクリート製だそうで、
別に新興宗教ではなかったみたい。(←しつれい。)

さて。
高台寺は豊臣秀吉の菩提寺として正室ねねが建てたお寺。

拝観時に、円徳院と掌美術館に合わせて入れる900円の共通拝観券を買うと、
景品がもらえました~。
前の人が、手拭をもらっていたので、
「やったー!手拭もらえるでー!」と言っていたら、
私たちにはなぜか絵ハガキセット。
「手拭・・・。」
と打ちひしがれていたら、手拭に変えてくれました。
よかった。
でも、なんで違うのかは謎のまま・・・。

お庭を進むと、遺芳庵



日本昔話に出てきそうな、かわいらしい茶室。
屋根でか過ぎやろ。

方丈前庭



広くて落ち着きます。
奥の枯れ木は桜です。春の見頃にはものごっついキレイだと思われます。
円すいの砂庭。いつかお金持ちになったら、こちらのお庭を手本に、
自分んちの庭に庭園を作ろうと思います。ウフ。

広いお庭を強制的に散策させられる拝観順路で、
山を登って竹林だったり、この広さは「庭」とは思えない・・・。



冬なのに、爽やか~。

霊屋には、秀吉と北政所の木像が安置されているのだけれど、
見辛くって、あっちうろうろこっちうろうろ・・・。
須弥壇や厨子は桃山時代の漆工芸美術。
ガラスの向こうで年代を感じさせないくらいキレイでした。


↓ポチっと応援お願いします♪


スポンサーサイト
Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) 京都奈良もスキだけど、海外旅行もスキ。 all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。